カンボジアインターンブログ

カンボジアにインターンに行く学生の記録日記

2017/4/03 40日目 日常

昨日早く寝たため今日も3時ごろ目覚める。いつものように寝たり、ちょっと携帯触ったりで、いつものように腹痛もある。

6時半ごろ部屋移動し、着替えて掃除したりする。

奥さんは6:30の時点でまだお家にいたので仕事ないのかな?と思ったけど仕事に向かっていたのでいつもより遅めに始まるよう。イーチャイも学校なさそう。

7時ごろ朝食が運ばれてくる。炒めたご飯と卵混ぜご飯みたいなもの。そして久々マンゴー。やはりマンゴーは美味しい。

卵食べてみたいと言った日からほぼ毎食卵が出てきて、予想してたものの極端でびびる。

ということで食器を下げながら帰国するまでにこれが食べたい、と以前よく出て好きだった朝ごはんの写真を見せてokと言われる。

状況を自分で変えるために動く力は育てられた気がする。

 

ブログを書き、今日の授業をどうしようか練り、明後日出国かと思いをはせる。

空港でどう過ごそうかとか、成田羽田間の移動はどんな感じかな? とか不安のせいもあるけどシュミレーションが止まらない。未だ嘗てこんなに待ち遠しかった日ってあったかな…? 

小さい頃の誕生日のような、早く時が過ぎて欲しくてたまらないような、、でもちゃんと最後のカンボジアを楽しもうという気持ちは忘れずに。

 

世界がもし100人の村だったらを読んで、情報が多いためどれを伝えようか吟味。

その後置いてくるからには全部読もうと思った英語の教科書を読んでいく。

 

近所でお墓まいりやっていて爆竹音?が聞こえてくる。

そうこうしてると10:30ごろ昼ごはん。

野菜炒めとマンゴー。基本数週間昼夜野菜炒めだったなー。あとここでご飯を食べるのも7回かー などと考える。

 

食器を下げて歯磨きをして広告作りに取り掛かる。時間も限られているので最高のものを作るというより適度に良いものを作って早く拡散してもらおうという感じ。

11時ごろから授業前の2時まで悩みながら作り、えりちゃんに送ってアイセック広報の皆様からフィードバックもらうことに。

 

2時クラスの前に教室が鶏のフンだらけだったので掃除を依頼。

2時クラスは20分ほど待っても1人しか来ず、どうやら祝日というか日本でいうお盆みたいな期間のようで、子供達もその行事に参加したりしているよう。

1人に対してdon't doesn't の授業を行う。理解めっちゃ早く、あっという間に終わる。

月火で英語授業ではない特別授業しようとしてたけど明日もこんな感じやったらちょっと残念、というか多くの生徒とのお別れは実は金曜日だったのかも。

最後写真撮ってもらおうと思ってたけどそれもできるかな…。

3時クラスもいつもより人が少なくメンツ的には少し勉強苦手な子が集まっていた。ということで彼らにとっては復習となるdon't doesn'tをゆっくりやる。

前回全くわかっていなかった子も理解して、白板に書いてくれる人ー? と聞くと手を上げて答えてくれるのは成長を感じられて嬉しい。

 

そしていつものようにシャワーを浴びに行き、シャワー浴びるのもあと3回か などと考える。

髪を乾かしてるとおばあちゃんがスイカとロンガンを持ってきてくれて、妹さんもメロン砂糖がけとお茶を持ってきてくれる。大量!

あと2日だねー みたいなことをおばあちゃんおじいちゃんが言ってくれる。

うんうん。本当にあと少し。

妹さんは昨日5時から12時まで美容師としてのお仕事して、(1人に対して) 1時に寝たから眠いと言ってた。

以前見学した時も思ったけど本当に時間がかかる作業!

 

部屋に戻ると大学の授業関係で気になることがあったので少し調べたり。めちゃ興味のある授業が全休予定の4限にあると知った時どうするか…。往復3時間以上かかる自宅生じゃなければ…。

 

そして早々と広告フィードバックもきた。時間がないため早く頂けて嬉しい。

 

その点を考えた上でやったことに対して改善した方が良いと言われたとき、考えた上でやったのだから例を示して貰えたら良いのにと思ってしまう。

なんか、違う、なんとかした方が良いと思いつつやったことに対して、なんか違うよね と言われるみたいな。

ですよね。という思い。

帰国が近づいてもう帰るモードに入っているのかな?

時間を割いてフィードバックを書いてくれるということはものすごくありがたいことだとわかっているけどこんな感情を抱いてしまう。余裕がないのかも。

(以下翌日加筆)

次の日になって派閥のフィードバックを頂いた際も悶々としてるので考えた結果、認められる何か一言欲しかったのかなと思った。

報酬もなく、誰からも褒められず、モチベーションは自分のインターンを良くする、という中インターンもやることはやり終わりかけの中 作ったので一言お疲れさま、や頑張ったね ここが良いね などという言葉が欲しかったのかなと。

褒められるためにやってるわけじゃないし、もともと褒められたいと思って作ったものでは一切ないけど努力が報われる感というか、認証欲求

受け入れる?みたいなことがあれば違ったのかな。

人の心って単純で難しい。

今後こういう機会があったら褒めたり共感したりして人を育てようと思った。

(加筆終わり)

 

6時クラスも生徒は2人。今日から世界がもし やる予定だったから多くの生徒に参加してもらいたかったので残念。

2人に対して子供の数や男女比などいろんなことを伝えていく。

識字率、家ある率、綺麗な水へのアクセス…伝わってるか不安だったけど確認するとわかっているよう。

そして、世界にはいろんな人がいて、家がない、文字が読めない人もたくさんいる。その中であなた達は家族がいて家があってご飯があって と、ハッピーを感じてね、みたいなメッセージを送った。

まさに私がカンボジアで感じたこと。

日本で感じていた当たり前に感謝。

 

ディスカッションしながら進めて明日もやる予定だったけどあっさり終わってしまった。明日何やろう…。

部屋に戻ると、キーンさんにお願いしておいたビールが届いた。飲むためではなくお持ち帰り用。番君が手荷物にビールを入れたせいで没収となったので代わりに持ってきてと頼まれたもの。

せっせと物を捨てたりして軽くして作ったスペースがあっさり奪われるけど、まぁこれくらい…。

 

夕飯は野菜炒めと卵。歯磨きして今日もお姉さん宅へ。

雨降ってたら移動最悪だなと思ってたけど夜になっても雨降らず。この前の連日大雨は雨季ではなくいっときの雨?

とにかく水曜日晴れてほしいとの思いで毎日天気予報チェックしてるけど今日も雨予報で水曜も雷雨予報だし何を信じて良いかわからん。とにかく祈っておこう。

家からバス乗るところまでの移動といい、プノンペンまでの移動といい雨降ると大変なことになる。

 

お姉さん宅へ移動して、家族に生きてますLINEをする。

出国日の流れを確認されて、あぁもう少しなのだなと実感。

以前の家族LINEで、日本に帰ってくるとタイムスリップで未来に帰ってきたみたいになりそうだね と言われたけどまさにこんな感じになりそう。

 

今日は日本への思いを必死に抑えつつ、カンボジアを噛みしめるdayだった。

明後日、とはいってもここの移動3時だし、飛行機夜だし、明後日感があまりしない…。

 

ブログを書いてたら寝落ちしていて、でも寝落ちに気づいたのは2時ごろだった。

 

今日のハッピー

・久々マンゴー

・雨降ってない

 

f:id:cam89:20170404115511j:image

綺麗な写真が撮れた。

雨のせいで池とかしてるので反射。