読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアインターンブログ

カンボジアにインターンに行く学生の記録日記

2016/3/30 36日目 ウワァーーー

今日はパーティがあった日。他にも盛りだくさんいろんなことがあったけど悲鳴がタイトルなのは寝る直前に体験したことのインパクトが大きすぎて、1日あったこと全て消し去る威力を持っていたからです…。

 

そんな今日は昨日充電が切れて早めに寝たからか5時前に起き、ブログを書くなどして過ごし、6:30前にブログが書き上がったので外に出るも、イーチャイのみいる。私服でいるところを見るとどうやら今日は学校が休みのよう。

ちなみにここら辺の学校は制服というか、白シャツに黒ズボン、黒スカートを自前で用意する感じ。完全統一されてるわけではない。

 

顔を洗い部屋に戻ると腹痛を感じたのでトイレへ。

部屋に戻りお掃除開始。いつも通りやった後、昨日の夜一部始終を目撃して対処せねばと思った虫を追っかけてイモリが入った袋を逆さにする。

羽虫の死体が出てくるので掃除し、袋も部屋の自分で設置したゴミ袋へ。

 

しばらくした後キーンさんが帰って来てイーチャイが朝ごはんを持って来てくれる。いつもより時間が遅かったからかめちゃお腹が空いてた。

最近のトレンド通りの炭水化物のみ朝食に、ひし餅みたいなものが付いていた。

 f:id:cam89:20170330220327j:image

何かよくわからないけど味と食感もひし餅っぽかった。思えばひな祭りも日本で過ごしてないな と思い出す。

食べた後も腹痛を感じてトイレへ。

今までの腹痛はなんとなく痛いという感じで動けない、とか休みたい というものではなかったけど今回の腹痛はいつもより少し重めで休みたい欲感じる。

 

部屋に戻り、ニュースをチェックしたりして少し横になったりする。10時前になって、動かねばと思いホムペの最終チェック&スマホ用編集を行う。

11時ごろ、外へ出てみるとすでに椅子や飾り付けが用意されていたりとパーティーモード。生徒も数人いる。キーンさんは料理を作っている。

パーティー何時からだっけ?と確認すると11or12 との答えが。

もうスタンバッとくべき?と外のハンモックで揺られながら待つけどさほど生徒集まる様子ないので、11:30ごろ部屋に戻ろうとしたらランチといってお盆を渡される。えっ?パーティーでご飯食べるんでしょ?なんで今ランチ? と聞くも通じず、パーティーでご飯が出ること想定で少なめに食べることに。

お昼も野菜炒めとご飯だったので、タンパク質のなさにこれはやばいのではないかと思い、肉食べる必要があるとキーンさんにアピール。

パーティーの料理では肉出るそうなので少し期待。肉が食べたいというよりタンパク質なくて大丈夫かな?という不安。

タンパク質 不足 で思わず朝ググった。

 

12時になり再びハンモックでスタンバるもなかなか集まらず12:30過ぎてからパラパラと集まり始めた。

ハンモックは日陰にあるとはいえ外で揺れながらある程度の時間待ってたからか頭痛を感じる。そう、私は日本でも季節の変わり目や低気圧などちょっとしたことで頭痛感じる頭痛持ちだった…。

朝の腹痛は治まっていたものの腹痛の気はあり、しかも頭痛、と割と体調コンディション悪い中でのパーティー。

夜クラスの生徒も数人集まってくれた。どうやら今日は全体的に学校がないらしい。なんで?と聞くと試験の兼ね合いと言ってた。

 

水とジュース、そしてキーンさんお手製のキュウリと肉が乗った麺みたいなものが各自に配られる。サーブは子供達が手伝ってくれるので早い。

その後キーンさんが巨大スピーカーを設置してカンボジアパーティーあるあるの大音量で音楽を流し始める。

こっちは頭痛持ちなので、音楽が止まる一瞬が楽 みたいな感じ。

why are you so sad ? とキーンさんに満面の笑みで聞かれるけど、sadというか苦しんでいるんだよ と内心答える。

苦しい顔してたら皆に申し訳ないので基本笑顔でいたつもりだけどまだまだだった。その後はより意識して笑顔というか微笑みをキープ。

音楽に合わせてノリノリで踊ってる男子も多い。

そういえば料理は私だけ少し豪華な肉がのっていた。you like meat, right? とキーンさんに言われる。うん、まぁその認識で良いや。

 

今までキーンさんに肉アピールしなかったのは、キーンさん達も同じメニューだったら私のために肉を買わせることなり申し訳ないという気持ちと、英語のレベル的にタンパク質が〜とか栄養が〜とか伝わらないので 肉が食べたい という旨を伝えると毎食肉が出る恐れがあったため。

 

とりあえず2日前のエビ、3日前のヘビ、をのぞいたら数日ぶりに肉というかタンパク質を食べる。美味しくいただくというより栄養素摂取で安心という感じ。

麺は塊と化していて、フォークとスプーンでちぎって食べるものになっていた。

キーンさんはビールをガブガブ飲み、6-7時生徒達にもビールを配ってる。

君たち、18も2人いるけど2人14歳いるよね 笑 しかもバイクで来てるよね 笑

14であってるっけ との思いから何歳?と聞くと18 ww との答えが。たしか14。まぁ2人とも体も大きくて18の2人と比べても見劣りしないけど。

その後普通にバイクで帰っていったし、キーンさんも飲んで、バイク乗ってさらにビール買いに行ってるし 飲酒運転という考えはカンボジア、あるいはこの地域で根付いてないんだろうか…?

 

柿の種普通版とわさび味をみんなにシェアしたら予想以上に好評だった。

私は柿の種全部消費できてさっぱり。

 

食べ物もみんな食べ終わってひたすら曲に合わせてダンスしたりしてた。男の子はスピーカーの周りに集まって炭酸飲みながら踊って、女の子は割と食器片付けたりしてくれて、将来の縮図を見たようだった。しばらくしてキーンさんの義理の叔父だという人が来た。そういえば以前叔父が集まってたときに見覚えある顔。一度来て、どっか行ったと思ったら上半身裸になって来た。なんでだろ。

私は大音量音楽による頭痛がきつかったけど、一応本日の主役的な感じだしここで帰ったら雰囲気下がるかも…との思いで耐えて、3時前にみんな解散していった。キーンさんはおじさんと飲みながらひたすら話していて、私はお姉さん宅で寝させてもらおうと決意してシャワーセットを持ってお姉さん宅へ向かい、妹さんに寝ていいか聞いて許可もらって療養してたベッドで寝る。

音楽から離れて横になれるの幸せ。

1時間半ほど休んで、4:30前にシャワーを浴びさせてもらう。

今日はなぜか冷水シャワーで、体調悪めだったためものすごく寒くなりこれはやばいやつだと慌てて拭いて出る。

風呂から出て体をあっためなければと思い図々しくも妹さんにあったかいお湯のリクエスト。お茶飲む?と言ってくれたのでお茶にしてもらう。例のほうじ茶っぽいやつで、たくさん飲んで少し落ち着く。

妹さんは以前採取してたアロエで作ったというスイーツを食べていた。砂糖で煮た?のかな。

 

日本に着いたらわたしの妹とFacebookできる? 心配だから などとお話しする。

とそこへ女の子2人組が訪ねてくる。

どうやら妹さんが美容師的なお仕事するよう。近くを見ると髪を洗うシャワー台みたいなものが設置されてる。

切るとかではなく、妹さんはI clean hair.と言ってた。どゆことやろ と思いお茶飲みながら見学させてもらう。

まず髪を丁寧に洗って、コンディショナーもしてた。この時点で日本でも感じる美容室臭してた。その後機械を家の外に延長コード使って引っ張って来て、髪を乾かし、ストレートアイロンを2つ使ってひたすら髪に当てていく。

日本でいう縮毛矯正的な?ストパー的な?感じなのかな…

にしても洗ったら乾かしたり手つきはもちろんプロっぽいんだけど、ストレートアイロンそんなにガシガシあてて大丈夫なの?というくらいあてていく。髪に悪そう。2つ持ってあてていくのも見たことない。不思議な感じ。

妹さんはプノンペンでこの技術を学んでプノンペンでは美容室で働いていたみたい。当時は割とお金稼いでいたとのこと。でもここは場所ないし、赤ちゃんいるからこんな感じでやってると教えてくれた。納得。

 

スマホの充電が残り1%だったのと5:30だったので今夜お姉さん宅で寝ていいか確認をとって一旦自室へ戻る。

頭痛は依然あったけど、横になってる間にあれこれ気にかかり、ホムペ作業続行。でもWi-Fiの調子が悪く時々スマホでデザリングしながら作業をしていく。

細かい作業をして、保存されたことを確認したものがしばらくすると消えていたり ということが続いたので体調コンディション良い時にもう一度やろうと一度終える。

 

と、そこへ昨日の夜5匹ほど侵入した羽虫が部屋へ徐々に侵入してくる。

作りかけの部屋ゆえ、天井と壁のがっつり空いた隙間から&ドアを開けなくてもゴミを外に出すことができるレベルのドアと床の間から侵入してくる。

殺虫剤を頭痛を刺激しないように控えめに撒いていくけど侵入レベルが凄まじい。

そして無数の羽虫が飛んでる音&ドアにポンポンぶつかってくる音が聞こえる。

室内に入ってくるだけで20匹ほどいるのだから母数はやばそう。

だから殺虫剤でしたいとかした虫をほうきで掃いて外に出して換気もしたいけど絶対に開けたらやばいことになる感じ。

殺虫剤を手にひたすら侵入者を食い止めていると、キーンさんがご飯を持ってくる。わーお you can take photo とか言ってる。多分やばいんだろう。

こちらも焦っているので、キーンさんにわかりやすいように no open? yes open?(あけていいの?あけないほうがよいの?の意)と大声で聞く。

なんか言ってるけどとりあえず羽虫がぶつかる音がずっとしてるので開けないでおく。

しばらくするとyou can open と言われたのでおそるおそる鍵だけあけて、空いてるよ!開けて大丈夫!と叫ぶけどキーンさん無反応なので自分で戸を押す。

地面には数百匹の羽虫が落ちてる。キーンさんが殺虫剤を撒いてくれたみたい。えぐい光景。超キモい。

と、殺虫剤の影響か咳き込み始める私。キーンさんにキッチンに行きな、と言われ、もうここには戻って来れんとの思いから咳き込みながらお姉さん宅移動セットをまとめ、キッチンに移動する。

うがいして、水を飲み少し落ち着く。

わたしの部屋の方からはキーンさんが咳き込む音が。やはりヤバい。

もう、衝撃と気持ち悪さと脱出できた喜びとで疲れた…と、スマホの充電器を忘れたことに気づき、決死の思いでもう一度見部屋へ。

部屋の周りには多数の羽虫。これもはいてくれたらいいのに…。

キッチンで夕食を簡単に頂き、歯磨きセットとか持ってきてないけどあの部屋へ戻る気にはならないので指で一所懸命歯磨きする。パジャマも着替えてないけど同じ理由でそのままの格好でお姉さん宅へ。

 

なんで羽虫大量発生したのか聞くと、雨季だからだと言われる。

雨季やばい!!日本に帰りたい気持ちはあっても今までカンボジアを早く出たいとは思わなかったけど、今日初めて、強く、早くカンボジアを脱出しなければとの思いに駆られた。

羽虫のサイズ感は小さなトンボくらい。

それが扉の向こうで数百匹飛んで、数十匹部屋に入ってくることを想像して頂きたい。 父にゾンビ映画見たいだね と例えられたけど気分はまさにそんな感じ。

 

お姉さん宅に移動するとき、奥さんが壁を指差してくれて、見るとおっきなイモリというかトカゲがいた。これがあの変な鳴き声の正体かな?

 

お姉さん宅に着くと、おばあちゃんと妹さんが蚊帳を貼るのを手伝ってくれた。

虫が襲ってこない環境にホッとしてると、雨がドバァーと降ってくる。

毎日夜台風が来るみたい。あらゆる観光サイトには4月まで乾季で、と書いてあるけどこれは明らかに季節変わった感。

本格的な雨季はこれが朝から続くの!?

にしても雨季はだめだ…。この時点でもうかなり弊害被ってる。あと6日、今日入れず5日、頑張って生きよう。

そういえば今日はカンボジアで過ごすラストの木曜日だ、とか来週の今日は日本だ、とか考えてたけどそれらがぶっ飛ぶくらい虫との死闘が大変だった。

 

そんなことを思ってると停電。そういえば今日夕方自室で一度起こったな。どちらも一瞬で復旧したけど気のせいか雨季に入ってから停電頻度上がってる気がする。

復旧後、おじいちゃんおばあちゃんが部屋に来て、ランタン型の電灯を持ってきて、停電起こったらこれ使うんだよ というようなことを言ってくれる。

おじいちゃんおばあちゃんとの会話はジェスチャーと雰囲気だけど、本当にお世話になってる。ありがたい。

 

その他最近あったこと

・ぐっちゃんブログを見て出国かとしみじみすると共に、自分と向き合えた という文を見て果たして私は自分と向き合えたのだろうかと自問。

あと6日、5日あるのだし今からこれを意識するのも遅くないと気持ちを新たにする。

・いろいろ捨てて行きたいシリーズで、使いかけを持ってきた正露丸がかなり少なくなっており、瓶は捨てていくことを決意。あと5回分しかないので残り日数で逆に足りるか不安になる。

・今朝まどろんでいたら、今までは番君出国したら羨ましくて病むんじゃないか説さえあったけど、逆に番君が日本にいる時でも私はまだカンボジアに入れてるんじゃん!というポジティブ発想が生まれ、気が楽に。

 

今日のハッピー

・パーティーがあった、そのため授業がなかった

・妹さんが美容師として働くところを見れた

・虫パンデミックを乗り切った 

f:id:cam89:20170330230818j:image

パーティーの様子