読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアインターンブログ

カンボジアにインターンに行く学生の記録日記

2017/3/24 30日目 断念day

ついに大台、30日目!わお!長かったような、あっという間のような。

今日はイーチーの声かなんかで目が覚めた。足になんか当たるなと思ったら昨日張った時点で怪しかった蚊帳を支えてる紐の1箇所が切れたかなんかで蚊帳が落ちていた…つまり虫も落ちていた。

起きるとき、なんかだるいなと思ってたけど今日は学校に行って英語授業見学する日だ!と思い出すと元気になって起きる意欲が湧いた。予め何か予定を作っておくって大事。

 

蚊帳の中には入れているのが救い。

ブログを書くなどした後は早速お掃除開始する。昨日の夜は特に虫が多かった感じする。お掃除しているとイーチーが朝ご飯を持ってきてくれる。

炒めたご飯に卵焼きみたいなもの。

昨日のお腹いっぱい感がまだ続いていて、少なめに頂く。

 

もうあとちょっとだなと思い、家の周りの風景から部屋の中までを簡単な説明つけて動画撮影した。これが〜です。みたいな。

 

今日は洗濯とかないので歯磨きとかすると早めのフリータイム。

今日で30日かと噛みしめる。でも5/7過ぎた、と考えると2/7残ってるのかと驚き。

そうだ、まだ思い出にしてはいけない。

でもシェムリアップからこの1週間本当に早かった。あっという間に帰ってきてから授業5日目。今日で病院行ってから1週間とか信じられない。もっと前のことのように感じる。

濃い日々を送っているということなのかな?

 

キーンさんがクーラーボックスの氷の交換に来てくれたので、蚊帳の紐が切れたことを報告。するとテグスみたいなのを持って来てくれる。代わりにこれで大丈夫だろうか。

そして4/5に帰るのに3時ここ発のバスに乗りたいことを伝える。マーケットから出る ノープロブレムだと言われる。

キーンさんが去ったあと、この重いスーツケースはどう運ぶのだろうと考える。

車はないし、バイクで運ぶのは難しそうだし、道は舗装されてないからタダでさえコロコロが死にかかっているのに押して運べる気がしない…

これは確認しなければ。

 

午前中はいろんな人と連絡を取ったり、唐突にインスタアカウントを作ってみたりした。インスタはWi-Fiないのでアプリをダウンロードできないため写真はアップできず、知り合いや芸能人をフォローしていく。

母と映画に行く日が決まったのでその日のことも少し相談。Googleマップで神戸のある場所からある場所を調べるとか久々でなんか嬉しい。

昨日の夜といい徐々に4月の予定の話が出て埋まっていくの、嬉しい。

早く4月からのスケジュール帳を買いたい。今は忘れないようにGoogleカレンダーに入れておく。

 

そうして、残り2週間でやることリストを叶えるべく他のボランティアサイトに登録を目指して調べる。いくつか絞り、キーンさんの元を訪ねてメアドとかパスワードとか打ってもらい、進めていくけどなんとここで郵便番号を入力する必要が出てくる…ここは住所もあるようでない世界だし、ましてや郵便番号なんて存在しない(ないだろうなと思いつつキーンさんに聞いた結果、予想通りないという返答) 入力必須だったのでパスできず登録断念。ちなみに途中誕生日入力してと言ったら誕生日を覚えておらず、書類を確認しに行ってた。そういう感覚なんだ。

その後も他のサイトを探すけど、ことがとく郵便番号が必要でつまずく。

まさかこんなところでつまずくとは…凄いポイントや。

ということで、他のボランティアサイトに登録は断念する。やはりカンボジアの大学生にアプローチや、と思いleangにポスター作ってデータ送ったら印刷して学校に貼ってもらえたりする?と確認。

印刷はできるけど貼れないとの答え。貼るには許可が必要でその許可はなかなかもらえないため、ネットにポストした方が良いと思うとのアドバイスを受ける。

Facebook以外に有名なSNSないか?twitter、インスタは?と聞くけどFacebookが強いそう。

ということでホームページ作りと広告作ってFacebookにあげるというのが帰国までの二大目標に。

ホームページのコンテンツを考えるためにラディさんのホームページやカモノハシのホームページを訪問すると、寄付ページ、寄付ボタンがあるのに気づく。作ってるサイトのデフォルトにもあるのでどういうシステムなのだろう、この機関でもこのシステム導入できるのかな?と勉強していくと面白いシステムだった。pay palという名前のシステムで一定額or寄付する人が設定した金額を寄付できる。こういう寄付システムは他にもあったけどpay palが大手のようで、私が使ってるホームページ作成サイトwixも提携しているよう。これもいろいろ調べてとりあえず使うたまに登録しようと思い、メアドとかを打ってもらって次に進むと、来ました郵便番号。はい残念、登録断念。クレカとか使って寄付してもらう方法もあるらしいけどwixは対応してないみたい。

まぁ仮に郵便番号あっても、身分証明書をpdfにしてアップロードしないといけなさそうだったし無謀だったのかも。

にしてもあらゆるものが整備されてないとこういうのも導入できないのか…

こういう僻地にいるからこそネットとかの力を借りて寄付を集めたいのに皮肉。

他にも郵便番号がない地域にも会社や団体はあるだろうけど、そういう地域な住んでる人はそもそもこんなハイテクな存在を知らないのかな…?

あー 割と時間割いたのに限界にぶち当たる。

 

そうこうしてると1:30になり、いろいろあって当初から言ってるも2週間近くかかってようやく実現した中学生の英語授業見学に出かける時間となる。昨日も明日14〜だよね?と確認した。

2-3時クラス生徒に明日は3-からだよと伝えたけど1:30の時点で2時からの生徒がいつにも増して集まってる。

2:30には帰って来て授業するかー と思案。

イーチーも行くかと思ったらイーチャイに任せるらしくキーンさんと2人で行く。やはり遠いけど、思ってたより近く10分ほどで到着。でもなんか教室しまってる感じ…サイトを見つけて聞くと、なんかお坊さんが来てセレモニーがあるらしく今日の授業はないらしい…がーん

時間間違え、私の体調不良、テスト、いろんなものに阻まれてきたけどやっと見学できるかと思ったらまた持ち越し。

しょうがないのでUターン帰宅。

途中キーンさんがバコダに寄ってくれる。バコダ、よく聞くけどイマイチわかってない。お寺みたいな感じのものかな?いろんなところにある。プノンペンの王宮の隣にあるのもバコダだしな。

にしても廃墟か!と突っ込みたくなるほどバコダ荒れていて、気持ち千と千尋の始まる時のアレ。

でもお坊さんとかちらっといたし、新年はここに人が集まって踊りまくるらしい。

f:id:cam89:20170325123239j:image

f:id:cam89:20170325123252j:image

そして帰宅。帰宅前に近所の家に寄り、何をするのかと思ったら飲み物を買っている。いつもキーンさんがちょちょいとビールとか豆乳とかを買ってるのはここか!とスッキリ。

キーンさんはエナジードリンクを飲んでいて、一口味見させてもらうと日本のと似てる。でも体に悪そう。

私用に豆乳を買ってくれようとするけど、せっかくなので他の味を選ばせてもらい、冬瓜ジュースを選択。最近豆乳が甘すぎて飲むのがしんどくなってきていた。

そうして家に戻ると2時少し過ぎで、授業に程よい時間。

結局いつも通り授業。名刺チェックでだんだん名前も覚えてきた。

whose, whichをやる。あと動詞をたくさん書いて覚えてもらう。言った動詞通りに動いてーと一緒に動きながらやるとノリノリで動いてくれる。

 

そして次のクラス、いつもより少なめの7人。12人とかと比べると格段におしゃべり少ないし、教えやすい人数。

スイスイいって、2-3時クラスでやったことを全部終えても40分頃なので、以前やったノートを開いてなどの勉強で使う言葉をいってそれ通りに動けるかな?をアクティビティ風にやる。サイモンsays ゲームみたいな。

盛り上がって、良い感じ。気がつけば1週間分の授業が終わっていた!早い!!

4時からクラスも今日はありそうかな、と思ったけど来る気配がないため部屋で作業。友達からの質問に答えたりする。

その後シャワーを浴びに行く。今日はいつもより甘さ控えめのホット緑茶メロンティーとトウモロコシを出してくれる。

昨日から予告してる、土曜の夜にみんなに日本食を食べてもらう会の予告を再びする。カップ味噌汁を作るための熱いお湯をお願いしておく。

旅先ではいらないものとか捨てて、身軽で帰ってきたい人なので、日本食袋が消えることを考えるとすごく楽しみ 笑

もちろん皆さんに日本食を食べてもらうことも楽しみだけど、口に合うかとか、どういう想定で皆さんいるのかとかわからない不安もある。

相変わらずイートンが寄ってきてくれて、今日は空気の入った棒みたいなのでお兄ちゃんをポンポン叩いている。

私にその棒がパシッと当たったので、ごめんなさいしなさいと妹さんがイートンにいってごめんなさいしてくれる。

おばあちゃんにごめんなさいする場面も見てたけど、イートンが手を合わせてごめんね、したその手を嗅ぐように口に当てていた。 その後妹さんにイートンがごめんなさいした時も同じ感じ。何か意味あるのかな?

そういえば少し前に妹夫さんが家の前の小スペースに池みたいなのを作っていて、そこに今日魚を放したそうでイーロンが探していたけどいなかった。

食べ終わったトウモロコシの芯は庭の草が生い茂ってるあたりに投げ捨てていたので私もそれに倣って投げ捨ててみる。

ちょっと罪悪感あるのだけどこれは自然にかえるからまぁいっか…

 

しばらくして部屋に戻り、日本の友達もやりとりしていて昨日寂しくて電話かけようかと思ったと報告するとしてくれて大丈夫だったのにとのことなので今晩電話をかけることに。生きる希望が湧いた。

 

6-7時クラスはささっと2-3時クラスでやった疑問詞を知ってるかな?と確認。

where do you want to go?質問で国とかを想定してたけど、I want to go to play football との答えであぁー上級生だな と感じる。footballは本当に人気のようで、I want to go to English(生徒書いたまま。Englandと訂正) と書いた生徒になんで?と聞くとそこでfootballしたいとのこと。

ちなみに私はI want to go(back) to Japan と例文で書いた 笑

上級生クラスには形容詞知ってるかな?ということで書き連ねてノートに写してもらう。旅の指さしを使って意味を確認してたけど生徒がノートに書いてるのを待ってる間、クメール語書いてみてよ と言われたので旅の指さし見て書いてみるけどうまく書けず、その様子を見ていたキーンさんが教えてくれる。キーンさんが書くのを真似して書くと、そんな書き順で書くのね、と合うような順序で、でも旅の指さしに書いてある文字よりくねくねしてないからまだ書ける。

生徒達はおぉー みたいな反応 笑

あかり ってどう書くの?と聞いて書いてもらうけどどこが切れ目なのかわからない 笑 これ書けるようになろうかな。

そんなこんなで授業が終わり、私が撮りたいと思ってまだ撮れてない中学生がバイクに乗って家に帰る写真を撮ろうと思ってスタンばってるとキーンさんが私のお別れパーティーについて何やら生徒と話していてなかなか帰る気配がなく、あまりに長いので写真を諦めて部屋に戻った待っていると奥さんがご飯を運んでくれた。今日は一度妹さん宅で頂いた、メロンミルクがけみたいなものがついてる。メロンの味がうっすらするんだけどメロンではない感じ 笑 あと野菜の炒め物がホイコーローの味っぽくて少し懐かしかったかど、油ギッシュなのは変わらず。ついでに午後買った冬瓜ジュースを開けてみると、懐かしい、カンボジアでよく体験した遠くでほのかに感じる甘み のパターン。でも砂糖入ってる感じは凄くする。黒糖?っぽい味。

食器を下げに行くとなんとまだキーンさんは生徒達と話していた!

歯磨きしていると帰っていった。

歯磨き済ませておやすみを言いにいくと奥さんが笑顔です何か言ってる。キーンさんによると生徒達のことで生徒達が私のことをbeautiful girlって言ってたことについてキーンさんが奥さんに話したことを伝えてくれているよう。

以前ググったらやはり現地の人と比べて肌の白い日本人はモテるそうで、そういう基準なのかな?と思う。謎のカンボジアモテ。嫌われるよりありがたいけど、まつ毛の長さとか顔の濃さとか、カンボジア人の方が強いのにどの基準で評価されてるのだろうとすごく不思議…。

おやすみを言って、部屋へ。

虫掃除をして、布団をバンバンして虫を落として、キーンさんがいつの間にかセットしてくれたテグスを釘に引っ掛けて蚊帳セット。

冬瓜ジュースをちびちび飲み、友達との電話に備える。

久々の友達との電話は新学期の授業のことや、健康診断のこと、カンボジアで死にそうになった話などいろいろできてすごくリフレッシュ。1時間くらいの電話だったけどものすごく生きる元気をもらえた。カフェに行く日程も決まったし、無事に帰ってきてね と言葉に励まされた。友達の存在に本当に感謝。

 

その他最近あったこと

・くるぶし靴下の日焼けに気づく

・ハンモックが破れているのに気づかず座って地面に尻餅

・なんかキーンさんが言ってるなと思ったら、過去にここを訪問した?orこれからボランティアにくる?人のことで、メッセンジャーのやり取りを見せてもらった結果以前来たみたいな感じだった

 

今日のハッピー

友達と電話できた

いろいろ断念することになったけどビジョンが固まった

 

f:id:cam89:20170325133004p:image

番君に似てたのと、言葉にハッとさせられたで番君にシェアした画像

f:id:cam89:20170325133021j:image

クメール語左2つは私が書いたやつ