読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアインターンブログ

カンボジアにインターンに行く学生の記録日記

2017/3/21 27日目 おあずけ

昨日の夜は台風のようなものすごい雨風で、風の音で夜中一瞬起きるほどだった。朝起きると雨は止んでいたけどクロックスは泥水まみれでぐちょぐちょ。そして地面も舗装されておらず土なのでぬかるんでる。

幸い今日は熱や頭痛だるけもじゃーっかんある? くらいなので割と早々にキーンさん宅へ。洗濯物を洗う準備をしていて、マーケットに行ってから洗うとの事。マーケットに久々行きたくなったので一緒に行っていい?と聞きokと言われたので着替えて外に出るとキーンさんはマーケットに行っていた。

私が聞いたこと理解してたんかな?

 

そして洗濯といえば2日前シェムリアップから帰ってきて大量の洗濯物を洗おうとしたらそこに置いておいてと言われてキーンさんが服入れていた圧縮袋ごとバケツに入れといたのはいいんだけど昨日見たら圧縮袋が見るも無残なドロッドロになっていた。思わずoh...と言うくらい。

キーンさん笑ってる。どうやらイーチーがやったらしく、洗うよー と言ってくれたけど割と圧縮袋ないと荷物入れるのキツイし死活問題なのだけど。

こうなることを全く予想してなかったわけじゃないけど…ものを大事にする精神みたいなの、カンボジア全体的に日本より低いなと思ったりする。

 

キーンさんが単独マーケットへ行ったので私は部屋でアイセックひめくりやら、お掃除やらをする。

昨日の雨風をこの建物で経験してたら寝れなかったかもしれない。

そして今日誕生日の友達にメッセージを送ったのだけど浪人してたことを知らず年齢1つ間違えるという痛恨のミスをやらかす。優しく許してくれたので感謝。

 無事に帰ってご飯に行く約束をする。

 

キーンさんが帰ってきて朝ご飯。以前は毎食フルーツが付いてたのに最近付いてないのが少し残念なところ。特にマンゴーが食べたい今日この頃だけどスイカと私が少し苦手なシュガーアップルはよく出るのもまたツライ。ご飯は美味しく作ってくださるので頂き、歯磨きやらなんやらして、9時からのえりちゃん電話に備える。元は1週間前に電話の予定だったけど私の熱で予定が飛び、今日となった。えりちゃんと前回電話したのは3/5で17日ほど前ということを考えると残り15日はあと少しだなと実感。

 

インターン前半の達成度をきかれて70%と答えた。毎日授業を作っていること、キーンさんのゴールを書き出して問題点さぐってFacebookページ作ったりしたこと、日本と全く異なる田舎環境に拒否反応せず適応しようとした点などを評価。キーンさんとの会話で寛容性を持てなかったことは反省点。

反省点に関して自責と他責で考えるようにとのえりちゃんからのアドバイス

伝わることを当たり前だと思わない、leangをもっと頼るなどの自責ポイント。あと私が思ったのは伝わらない状況を楽しんじゃう。

えりちゃんの声を聞いていたら懐かしくなったので電話をしながら写真を探すけど持っておらず、えりちゃんが出国前に撮った2shotを送ってくれた 笑

共有のタイミングまさかの今。笑

まだ髪も長い時だし、服装も冬で、懐かしい感じ。でも写真で久々えりちゃん見てホッとした。

1時間ほど話し、通話終了。

ちなみに今まで成長したこととしては当たり前のことに感謝して過ごすようになった、生きてる幸せを感じて過ごすようになった、精神的に強くなったを自分であげて、えりちゃんからは人を頼るようになったとの評価を頂いた。

 

その後は昨日のサイト登録の続きを行う。ログインしようとするもなぜかなかなかできず、5回ほど試してようやく入れる。私のスマホでキーンさんのアカウントでログインし、写真を足すなどしていく。

作業しながら、ボランティアから英語で問合せきたらキーンさん対応できるのかな?などと考える。仮になんとなくの英語で返しても私の経験からすると、きいてることに対する答えが返ってこない返信がくるとここはやめとこ となりそう。

 

そんなこんなで昼ご飯の時間。初めて見る、見た目オムレツだけと味割とキツめのおかずがでてくる。食べ終わって食器を片しにいくとカンボジアのフルーツとしてまだ食べていなかったロンガンをくれる。ライチみたいな素材の皮をナイフで剥くと、ライチみたいな実がでてくる。でも味はメロンに近いと感じた。

 

部屋に戻るとFacebookを通じて私がインターンに行ってることを知った高校時代の同期から連絡が。

インターンどうやって見つけたの?という内容からはじまり、旅行に行きまくってる人だからカンボジアに来たこともあり観光地で子供が多く働いてる感じや身体障がいの方が自分を見せ物 のようにしてお金を稼いでいる感じから貧しさを感じたとの感想を受ける。福祉が無い感じがしたとのこと。実際どうなんだろう?この2つは私も感じた。あとカンボジアの産業が観光業頼みだという話にもなった。タイも世界レベルの観光大国だけどその他の産業もしっかりしている。

そんな彼は明後日からまた12日間のアジア周遊旅に出かけるらしく、私の帰国日とほぼ同じやんと、あと少し感を感じて嬉しくなる 笑

近況報告をしたり、帰国したら他の友達も誘って飲む約束をしたり久々連絡もらう人との会話は良い刺激となった。

寂しさと、帰国への希望を高めるために最近帰国てからご飯に行く約束をいろんな人としてる 笑

 

その後は、えりちゃんと話しててラディさんに作ったFacebookページをシェアしてもらおうというアイデアが浮かんだので早速ラディさんに連絡してシェアしてもらう。即刻既読がついて実行してくださるの感謝。午前感じたことやえりちゃんも話してて感じたことなどを少し聞いてみる。ラディさんはスタッフを5人雇ってるらしい。彼らの給料は寄付から払われるとのこと。

そして団体を存続させるコツは、good English speaking staff, good hospitality, good skills

とのアドバイスをもらった。

やはりgood English speaking staff 大事だよなー となる。

シェムリアップには英語話せる人たくさんいるからねー との返し。

 

ラディさんもキーンさんに比べればかなりできるけど、メッセンジャーの感じだと完璧って感じではなさそう。でもわざわざ雇ってるんだよね。

 

キーンさんの英語力だと、彼が本当にこれから機関をやりたいのなら英語力あげるか英語話せるスタッフが必要だと感じてる という旨をラディさんに送るとyou're right と言われる。

prey  chorでもキーンさんを通して英語話せる人は見つけられると思うよ

でも、どうやって給料払うの?

と言われる。

そうなのです。まさに。それが問題。そこに行きつくから結局雇えないのかなと思ったり。

ラディさんはクラウドファンディングというアドバイスをくれて、使ったことありますか? と質問したところまでで会話フィニッシュ。

でもやはり成功者の人の話を聞くのはものすごくためになる。

キーンさんが本気で機関を今後運営していくつもりなら根本のシステムから変えないといけないんだよな…

ボランティアの発想は大事だけどこのままだと人が来なくて結局機関が廃れていく。

あと、連絡あった高校時代の友人にこのボランティアインターンをオススメできない自分に気づいた。

これも前から薄々感じてたけどまず外国人にとってアクセス超悪いし、周り遊ぶところとか何もないし、英語通じないし、私は英語教える以外の機関存続のための仕事があるから良いけどその後の人それがないとめっちゃ暇な気がする。

逆にこれを進めれる人は田舎暮らししたい人とか? だからそこをアピールしたら良いのかな?

都会暮らしに疲れたカンボジア大学生に田舎暮らししながら英語教えない!?

みたいなアピールをしたら良いのだろうか。

 

その後授業準備したりして、昨日2時からのクラスの子達に英語授業見学に行くから3時からにしてと言ったのが英語授業ないため無意味になってしまった申し訳なさを感じつつ、3時から授業スタート。

いつもより人が多く、3:15〜来た子達が入れずに次の回を待つ現象が起こってしまう。

私としては私の理由で2時から3時に移ってもらったのでこの子達は優先して入ってほしかったので、おいでをするけど入らず、キーンさんに入ってって言ってとお願いするとなんか怒ってる。

えっ、全く逆のことやってる感。

何言ったの?と聞くと 時間に遅れてきたのを怒ったと言ってる。 昨日3時と言ったのにそれ通りに来なかったからと。

そんなんいつものことだし、15分は短い方だし、(この機関の子達は割と来る時間バラバラで、みんな徐々に入ってくる感じ。)なにより私の理由で時間チェンジしたのでそこは怒るポイントじゃないやろと思う。

I don't like this (時間に遅れることが)

と言ってるけど、私体調不良時のキーンさんの授業もイーチー預ける奥さん来たあとだいぶ経ってから授業始めたら時間感覚ゆるゆるやったやん。

自分に甘くて人に厳しいパターン!?

もうなんやねん!とフラストレーション溜まる。キーンさんの発言後、2時から生徒は帰っていき、ひたすら本当にごめんねと謝る。

はぁー、、、 

 

授業に関しては、人数が多くなると集中力を保つのが難しいなと感じる。

早く終わってやんちゃな子は友達とふざけあったりするし、私がかつてよく言ってた、教え合ってという意味のクメール語ボンゴリェン を言い合って笑ってたりする。

生徒によってはイズっていう音とis が結びつかず、全てアルファベット1文字としてノートに書いてたりする(から時間もめっちゃかかる)し課題は多い…

あと大文字と小文字が混じりまくるのが気になる。一度その授業もして、ノートでも度々直してるけどピンときてないのかな?

 

次のクラスの子は全員名刺作りまだだったのでそこから。

ムードメーカー的なこの雰囲気に助けられながら授業を終える。

 

授業後はいつも通りシャワーを浴びにいく。お姉さん宅のトイレとシャワーはだいぶできている。

シャワー後涼みに向かうとまたイートンが凄く私に反応して、遊んでたのをやめて私が座るとなりに座ってくる。

ズボンとかに手を置いてくれて、髪乾かしてるタオル触ろうとするのだけどカンボジアの1歳半くらいなので手は砂まみれで、触れられたところは砂まみれになる…笑

でも拒絶とか敵意じゃなくてプラスな気持ちを持ってくれるってありがたい! 

その後妹さんがノムノムトーン(巻きクッキー)とお茶を用意してくれる。お茶の存在が本当に嬉しい。日本で毎日何杯も飲んでたあったかいお茶を彷彿させる感じ。

ノムノムトーンも頂きつつ、イートンやモイファンにあげていく。半分くらい食べてまだ残ってるのに次のを欲しがったりするのは世界共通なのかな?(おばあちゃんや妹さんがまだあるでしょ と次に行くのを止める)

 

時間になったので夜クラスの授業へ。

進行形をやってみる。割と良い感じ。早くできた子には過去進行形にも変えてみて、と。今日はよくできる2人組が問題ノートに解いてもらってるタイミングで遅れてきて、途中参加にも関わらず2人ともワンツーで問題解くの早かった。

 

それにしても夜の虫の量は本当にエグい。

大きな虫が近くに来たりするとうわぁーーってなるんだけどそれを生徒たちは、あぁ、虫苦手なんだね みたいな感じで見てる。日本女子基準でいうとまだ虫いける方だと思うし、このカンボジア生活で小さな虫をデコピンで払うくらいには成長したのだけど。

でも今日は机の上をイモリが走り、それには生徒たち大パニック!

こちらが驚くほどパニック!

毒でも持ってるのかな?私の部屋常一匹以上いるんだけどと思う。

 

授業終了後はラディさんから得た意見とかをノートにまとめて行く。

このままだと組織が衰退するという結論に至る。

どこまでキーンさんが本格的にやる覚悟があるのか、どこまで私が関わるのか…。

 

今日は以前注文しておいた両親記念日プレゼントが届く予定日だったので、届く日本時間に合わせてそわそわ。

2人揃って見てほしかったけど父は仕事で忙しそうなので明日におあずけかな?

サプライズ好きだから、割と今日一日中ドキドキして、なんなら昨日の夢にもこの一件が出て来た。

 

番君からオワリはじまり聞いてジーンとしましたという報告を受けたので聞いてみる。タイトル知らないけど聞いたことあった!

思い出に変わるのは最後の最後さ って歌詞から、すでに若干思い出にしてる自分に気づき、最後やりきって思い出にしようと意識を改めた。

 

その他今日や以前あったこと(既に書いてることも忘れて二度書きしてるかも)

・昨日leangと出国日の流れについて打ち合わせしたので帰る日の感覚が少し掴めた。5時間ほど空港で過ごすことになりそう

・↑をうけて今日プノンペン空港について調べていて、ラウンジ使えたら良いのにー と持ってるクレカとか調べたけど無料では使えなさそう。36$かかるらしい。

・記念日荷物が届いてるかお母さんに探りを入れるLINEで相変わらず癒された

お母さんはバイプレーヤーズという深夜ドラマにはまっているよう

・昨日、帰国日にお味噌汁を含めたお母さんの手料理が食べたいオーダーをして、今日は味噌汁の具をリクエストした 笑

・ホームシックについて調べていたら、ホームシックになるのは愛されて育ってきた証拠 と出てきてなるほどと思った

・昨日家族シックアピールをしたら父が家の様子を細かく教えてくれてなんと昨日は弟が昼ご飯を作ったらしい。魚焼いたり。料理レベル抜かれる危機感。

 ・今までのカンボジアお金の概算プラマイ合わないのではないかと不安だったけど計算し直したらあっていて安心!

 ・帰国してからやらないといけない、やりたいことリスト書いた

カンボジアに来てからずっとしてた虫除けリングを1ヶ月経ったので新しいのにチェンジ ちゃんと虫除けの匂いがする

 

 今日のハッピー

・久しぶりの熱頭痛ない体!(走ったりすると謎の背中の痛みがある) 

・ラディさんからのアドバイスでなんか見えてきた!

・久々えりちゃん電話!

・同期からの連絡!

 

f:id:cam89:20170322093200j:image

ロンガンデビュー

f:id:cam89:20170322093210j:image

珍しい4人

左2人が妹さんのお子さん2人

(兄 イーロン 弟 イートン)

右2人がキーンさんのお子さん2人

(兄 イーチャイ 弟 イーチー)

 

f:id:cam89:20170322093440j:image

下の妹さんの一人娘モイファン

 

f:id:cam89:20170322121324j:image

カンボジアの子供たちのユニフォーム着てる率半端ない

今日の夜クラスは8/9ユニフォームだったので思わず写真撮影