カンボジアインターンブログ

カンボジアにインターンに行く学生の記録日記

2017/3/11 17日目 イモリとヤモリ

今朝は昨日疲れて寝たからかよく寝たという充実感とともに起きれた。久しぶりの快眠。連絡等等返し、掃除したりといつものルーティーンをこなし外へ。

カンボジアにきて初めてのスカートというかワンピースを着る。

 

奥さんと上の子供は仕事学校で、キーンさんもマーケットへ行ったのかおらず。

ハンモックに揺られながらブログを書いたり今日こそ両親へのプレゼントを注文しようとデザインなどを決めていく。しばらくして片手に氷(切り出した四角いやつ)が入った袋を片手に下げて片手バイク運転したキーンさんがイーチーとともに帰ってきた。

少し遅かったので遠いマーケットに行ったのかと思ったりもして、私も行きたかったと少し残念な思いをしたりもしたけど近くのマーケットに行っていたらしい。

朝ごはんはこの前の祝日のときと同じ、台湾で食べたような揚げパンとおかゆ。おかゆはダシがきいていて、小エビやらいろいろ入っていて美味しいし、揚げパンもパン好きとしてはカンボジアでは貴重なパン食なのでありがたい。揚げパンも美味しいけど油でお腹を壊さないか不安になりつつ二本ペロリと頂く。

歯磨きと洗濯をしようと外へ出るとキーンさんが電気料金を払いに行くとのことでどちらもそこそこに同行。バイクで5分くらいのところにさほどオフィシャルっぽくない建物が。けどお金を払う窓口みたいなところは鉄格子だわかられている。持ってきた紙みたいなものを見せてそれに書いてある料金を支払い、ハンコを押してもらってる。リエルで言われたからパッと値段わからなかったけど日本より圧倒的に安かった。

スカートでバイクにまたがるのは大変不便なのでやめようと思った。

そして帰り道の整備してある道路の草むらに大量のゴミが捨てられてるのが気になった。多分バイクに乗ってる人がそのまま飲み終わったペットボトルとか捨てた感じ。キーンさんも以前飲み終わったペットボトルを近くの川に捨てていたなぁと思い出す。そしてぐっちゃんのブログを思い出す。

コーンとか渡されて、食べ終わった芯は草むらに放っても自然に帰るしノープロブレム。今までのこの地域の人のゴミって多分全部そういう自然に帰る系の感じだったのではないかもおもう。でもプラスチックとかが席巻してる今、その感覚でゴミを捨てても土に還らないし、環境破壊とかにつながったりして最終的に困るのはこの土地の人。

私たちはゴミを草むらに捨てたらどうなるか、その先を教育により知ってるからゴミを捨てるのをやめようと思うのではないかと思うわけで、、、まとめるのが難しいけど、教育を受けて知ってるぶん、ゴミを捨てたらその後教えてあげるのがこの地域の人を本当に思ったやり方なのかなー。とか考えた。

ゴミ収集システムなんてなさそうだしあれらのゴミはどうなるんだろう。

 

帰ってきて歯磨きを済まし、洗濯しようとすると後でやっとくから置いといてと言われる。食器洗いとか手伝うといってもno problemで流されるし、下手に手伝っても作業効率が落ちるかもしれないと辞退してるけど 洗濯は完全に自分のことで 自分でできるのでやると申し出る。それでも置いといてというのでキーンさんが洗うときに声をかけてといって一旦部屋へ。銀婚式プレゼント選びしてると急に腹痛が襲ってきたのでトイレへ向かうとキーンさんが洗濯をほぼ終えている!!呼んだっていったのに…

驚いて腹痛も忘れて手伝うもすぐ腹痛が襲ってきたのでやはりトイレへ。

出てみるとすすぎの途中で、キーンさんは誰かとお話ししてたのでそこから私がやる。どうやら来客者は鶏を買いにきたらしい。やはりブリーダーのよう。

ちなみに台所に置いてあった2Lペットに入ったmatchのような見た目炭酸の液体は鶏用の薬らしい。めちゃ誤飲注意な感じ。

鶏を買いにきた人はお金が足りずに帰っていき、途中からすすぎをキーンさん手伝ってくれる。

Facebookにあげたあかりの写真付き投稿にお兄さんからいいねきたよー

とか言ってくれるけど、ものすごい高頻度で私の顔写真あげられるのは個人情報厳重管理者としてカンボジアとはいえあまり好ましくないので、後ろから横からの写真はオッケーだけど、正面から載せるときは私に聞いてくれ と念を押す(以前も伝えた) あるいはスタンプを顔に押してくれと。

見本を見せると、なぜ隠すのだ?隠さない方が見栄えよいじゃん=隠すと変じゃん

と言われるので肖像権とかいろいろ言いたかったけど日本は危ないからとだけ説明。とにかくあげるときは声をかけてくれとお願いする。

気になっていた以前マーケットで買ったズボンのほつれを直したいとミシンを借りようとすると、糸がかかってない&日本のと少し後のかけ方が違うので自分でやることを諦める。日本に持って帰ってやろうとすると、キーンさんが、そこにおいておいてくれたら奥さんがやるから と。あまりにも申し訳ない…。いいよーというも相手も譲らずで結果置いておかせてもらう。

 

部屋へ戻ってなんとか弟にラインしながら詳細を決めていき、プレゼントを発注する。一仕事終えた感じ。日本の普段見ないような芸能人のブログとかをチェックし、日本を感じる。

そして今日は3.11かと、思いを巡らす。

去年の今頃被災地訪問したことや、地震発生時からもう6年かなどと月日に思いを馳せる。そして3.11に合わせた広告などを見て、今生きていること、いつもの日常に感謝。今日が最後の日だとわかっていたら という河北日報の広告を見て、今日が私の最後の日だと伝えられたらどうする?と一瞬考えた結果、どんな大金を積んでも、日本に戻って家族に会いにいく という結論に達した。笑

そして、今日が最後の日だとわかっていたら私はもっと必死に生きたのではないか、と反省。ジョブスかな?Windowsのceoかな?毎日が最後の日だと思って生き抜け みたいなことを言っていたのは。

私の人生においてカンボジア生活なんて今までの人生でいうと0.6%に満たない日数だし、これからも日本で過ごす期間の方がながいのだろうからもっと必死に毎日を過ごそうと決意を新たにした。

午後は英語のステップを書きつつ、ふとライデンを決めきって明日課題を集中してやった方が良いのではとの思いに駆られてコース決めを集中してやる。

ふと人の話し声がするので出て行くとキーンさんの奥さんのお母さんが訪ねていた。コンポムチャンからprey chhorにバイクタクシーできたらしく、バイク運転手がタバコを吸っていて、先程から部屋に流れてきたタバコ臭納得。

義理のお母さんが蓮をお土産にくださり、そこまで好みではないけど頂く。

なんというか、小学校の下校時に花の蜜を吸っていた並みの可食部の少なさ&味の薄さ…まずいとかではないけどフルーツとかも安くたくさんあるカンボジアでなぜこれが人気おやつとして残ってるのか不思議。

イーチャイは貝を干したやつもおやつに食べててすすめられるけど、火を通してない海産物は腹痛の恐れがめちゃあったので遠慮させて頂く。

 

家族ともLINEして、便秘についてのレクチャーを一方的に受ける。

5時近くなってきたのでシャワーへ。ライデンコースは決めきれない…はぁダメウーマン。今日はシールをプレゼント。

幼児2人に持って行ったけど、小学生の方が喜んでくれた。

そしてシャワー作り作業も進んでいた。

シャワーを浴びさせてもらい、今日の夕涼みスイーツはメロン砂糖シロップがけ+緑茶メロンジュース(緑茶+メロン+砂糖)

メロンの切る前の外見は海外の縦長のかぼちゃっぽくて、食感もかぼちゃよりでアボカドみたいな感じ。

味もメロンほど甘くないので日本のメロンとは別種?

ドリンクも意外と美味しい。妹さん手作りらしい。豆乳も好きだという話をすると、豆乳も手作りするとのこと。すごい!

妹旦那さんはこの2つのお手製ドリンクが好きらしい。彼はいつも疲れて帰ってくるからとのこと。フリータイムが嫌いで常に働いてるって言ってたしなー

チェアブランコ?とかお手製とは聞いてたけど、家の窓格子やらドアとかも全部手作りらしい。家部分はさすがにお手製ではないらしいけど。

とてもよい旦那さんで今朝妹さんが6時に起きたら、旦那さんは5時に起きて朝ごはんを作ってくれていたらしい。

働き者だしものづくりもうまいから両親と妹さんの兄弟全員 妹夫さんのことが好き。そして初めて会った人も妹夫さんのことが好きになると。

ただ見た目老けてるけどね〜 と笑ってるけど

良い夫で良いパパで良い技術者でみんなから好かれるとか完璧やないかい!!

私もそんな人を見つけたい…笑

本当に彼は良い人なんだよー と話してくれる妹さんの顔も幸せそうで、何よりだった。(キーンさん=お兄さん夫婦の不仲を知っているのだろうか とおもわず頭をよぎった)

 

お金がなくて…とよく言っているけど家族が元気で幸せって大きな財産だよなとしみじみ。 ちなみにだんなさんの平均月収は400$くらいで、家は20,000$らしい。もちろん物価もあるけど400$=4万といったら私の月のバイト代くらいやんとかみしめる。

子供が大きくなったら働く? と質問すると、誰かが面倒見ないといけなくて、両親は体が悪いから無理かなーみたいな感じ。

そうなんや。

妹さんは一年シェムリアップのレストラン?ゲストハウス?で働いていたらしい。英語は学校で習ったぶん+そこで学んだらしいけどそれにしては上手い!すごい学習力!

そんな話をしてるとバイクに乗った人が下妹夫さんの元へ。バイク整備に来たよう。もう家が会社の感じ。

 

そういえばイートンや小さい子の腕にジャストサイズでついてる腕輪はどうやって入れ外すのか気になっていたけど、赤ちゃんの頃に腕輪を入れて、大きくなって限界きたらパンチとかで切るらしい。

なるほどそういう感じ。

 

6時近くになったのでバイバイすると、イートン(もうすぐ2歳)がバイバイ アーカーリーと名前を呼んでバイバイしてくれたのが激かわだった。

部屋に戻って荷物とかおいてキッチンを尋ねると、さっきバイバイしたけど妹さんやらお母さんやらがキーンさん義理のお母さんに会うため?こっちにきていた。

また蓮をもらうけど食べながら子供達に回していく 笑

今度は女の子、モイファンもバイバイアーカーリーと名前を呼んでくれてまたキュン死しそう。

夜ご飯も珍しく完食できて、おやすみなさいをクメール語で言って部屋へ。

やはり虫が気になり蚊帳に逃げざるをえない!すると眠くなるから早く寝ちゃう!この解決法を考えねば!

 

海外ど田舎にいるからか、日本に帰ったら〜してみよう してみたいと思うことが多くなってきたのでガチ度は別にしてとりあえず列挙。

・髪染め

・英語の勉強 これは割とガチ 対策考えねば

・車の運転 これもガチ お迎えできるくらいに

・MT限定解除

・私が住んできた土地巡り

・マラソン同好会とかハロプロ同好会とか新たなサークルに参加

・ドラムを再開

 

日本だと物もあって機会もあるのになんで行動しないんだろう?という気になってきた。

 

今日考えたのは、カンボジアの人は家の外と中あまり分かれてないなとこと。

外を裸で歩いた足で家の中入るし、足の裏はそんなクリーンな存在ではない感じ。

ビーサンが基本だからたまにザバッとビーサンの上から水かけて足洗ったりはしてるけど、日本ほど室内=きれい、土足厳禁と室外が分かれてるわけではない感じ。どちらかというと西洋の家の中まで靴履いてる文化の、靴じゃなくて裸足バージョン。

日本は伝統の和室が土足厳禁のクリーンな前提だし、衣食住は歴史や文化を反映するなと、はるかの食に関するイベントを見ながら考えた。

 

そういえば今日は寝転がって作業してると何か物音が。ヤモリが落ちてきたかな?と見てみるとなんかトカゲっぽいものが。

物音がして、ヤモリかな? と思うようになってきてるあたり、だいぶ現地慣れしてる 笑

そして夜はいつものやつが。

午前のやつと違ったので調べると、午前のトカゲっぽいのがイモリ、いつもの夜のはヤモリっぽい。ヤモリは可愛くてさわれそうな感じ。イモリはトカゲ感あって、躊躇する感じ。学んだ。

 f:id:cam89:20170312144511j:image

これがイモリで

f:id:cam89:20170312144517j:image

これがヤモリ

という認識。あってるかな?

 

今日のハッピー

妹子供さんが私の名前を呼んでくれた

電気料金支払いを見に行けた

銀婚式プレゼント発注できた

 

f:id:cam89:20170312111245j:image

電気料金支払うキーンさん

f:id:cam89:20170312111254j:image

蓮をくれる下の妹さん