読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアインターン滞在記

カンボジアにインターンに行く学生の記録日記

2017/3/05 11日目 友人とSNSday

昨日腹痛と寒さ対策で虫が増えたりしないかとビビりつつもファンを切って寝たのが功を奏していつもより快眠。

電気をつける必要がなく外の明かりで起き出せる。着替えて外に出ると奥さんは庭をはいたりキーンさんも忙しそう。何か手伝いたいけど特になさそうなので子どもを構うという間接的なお手伝い。

イーチャーは植物が好きなのかよくいろんな植物について話してくれる。クメール語なのでわからないけどたまに英語でーー?と聞き返したり、笑顔で相槌。

そしてクメール語で動物をなんというか教えてもらったりする。犬と鶏だけ覚えた。

ハンモックに2人で座ったり、井戸をくんだり…

いつもよりだいぶ遅い8時前に朝ごはんのサンドイッチ。昨日買ったパンに野菜が挟んである。プノンペンで食べたやつは日本にもある感じだったけどこれはだいぶカンボジアンテイスト。美味しいからノープロブレムだけど腹痛が若干続いているので中のおかずの衛生が心配…多分買ってきたやつ。

キーンさんはご飯にパームジュースをかけて食べていた。カンボジア人はよくやるらしい。

ご飯後は洗濯を1人で試みる。キーンさんは建物の増築に忙しそうで奥さんも何やら忙しそう。家族の分も洗おうとしたらキーンさんに止められて、洗濯スキルに自信もないのでお言葉に甘えさせてもらい自分のだけ洗う。やはりキーンさんとは泡だちかたが違うし、うまくこすれない…これが経験の差…そしてしゃがんで下を向き続ける体勢は体がしんどくなる!

そして洗剤のせいか気のせいか手が荒れてるような気がする。

昨日の牛騒動の時に近所の人が 手(のひら)が綺麗だね と言っていたらしいけど(キーンさん翻訳) 文明に甘えている手というか、仕事をしてきていない手なんだろうな。

手のひらをみて仕事をサボっていないかチェックしたというクメールルージュを思い出したり。

なんとか干して、撤収。ふと横を見るとキーンさんのレンガ作業はめちゃ進んでいた!そしてメジャーや糸を使って水平かどうかを確かめていたりプロフェッショナルっぽい。

時間をかけながら時間割を考え抜き、授業フィードバックを書きなどしていると昼ご飯が。

腹痛を感じていたのでご飯だけ(わかってくれた!)をお願いしたけどスープも持ってきてくれた。一口飲んで見ると野菜だけのお腹に優しい系の味だったのでスープだけ飲むことに。

 

えりちゃんから振られていた1週間の振り返りついでに1日ごとに起こったことをスケジュール帳のタイムスケジュール欄に書き出していく。

意外とはっきりと〜〜していたとかから時間は少なく、なんとなくこれとかこれをしていたという時間が多いことに気づけたので時間を意識してルーティン化して行動しようと思い立つ。

 

13〜は10分ほどえりちゃんと電話をして、1週間ぶりに声を聞いて懐かしさを感じる。

その後は容量を気にしてミーティングは文字で。

 

今日の日めくりにあった、友達や家族に連絡を取ってみましょうとのアドバイスを実践し、いろんな友達に時間割と絡めてLINEしてみる。

14:30頃からガーナに行ってる友人から返信があったのでお互いの近況報告LINEからの電話。

ガーナでは日本人は珍しいので写真撮ってと芸能人状態であることなどなどを聞く。

相手の通信状況が悪くて途中切れるも、3週間ぶりに声をかけて懐かしい。次に会うのは4/10の予定で、丸々2ヶ月会わないことに驚き!

お互い無事にそれぞれのことを終えて笑顔で会いましょう!

 

気がついたら16時前になっていた少しtwitterとかを見て16:30お風呂へ。

キーンさんが作っていたところはもうシャワー浴びる空間ができていた。

1日でこれほど進むとは!

奥さんは子連れの近所の人と話していた。

 

家に着くと妹さんがいなかったので家の正面に行って声をかけると親戚プラス近所の人が子供も入れて10人ほど集まって夕涼みをしていた。お風呂から上がらせてもらい、また声をかけに行くとここは座って!という感じで席を用意して、コーンを渡してくれる。食べ終わると今度は巨大グレープフルーツ!手のひらほどあるけど味はグレープフルーツで美味しい。何か粉みたいなものをつけて食べるらしく、砂糖かと思いきや塩…?というか調味料スパイスみたいな感じ。スイカに塩の法則?

かけない方が好き。チュガンニ(おいしい)と言うとみんな おぉー☺️ という感じでニコニコ。日本に当てはめてもそうやな…もっとクメール語を話せるようになろう!

その後子供達がお姉さん宅でテレビを見ていたので私も家の外で見ていると、妹さんが入っていいよーと行ってくれたので入ってみる。子供達がロッキングチェア的なところに座ってアニメを見ていたのだけど、気を使って妹さんが子供にロッキングチェアを私に明け渡すように指示しおばあちゃんがチャンネルをアニメから変えようとしてくれた😂

チャンネル変えられた瞬間子供達大ブーイングだし、私もそれにはアニメでいいのです!と積極的に伝えてチャンネルは元のまま。私もむかーし見たことがあるトムとジェリーを見ていた!アメリカで数十年前に放映されてたそのまんま感というか私が10数年前に見ていたまんまののうな、なんとも言えない映像の古さに懐かしさを感じる。

そもそもテレビを見たのが久しぶりでKARONA宅でおばさんがみていたタイの宮中ドラマ以来というか自分で見るのは日本出国以来。

英語のまんまなんだけどトムとジェリーは言葉がなくてもわかりやすく面白い分、英語がほとんどわからない子供達も大ウケ。他のカトゥーンチャンネルも英語で、プノンペンの大学生を思うと、小さい頃から英語聴いてたらそりゃ英語の発音良くなるわなという感じ。ドラマはクメール語っぽかった。これも映像の雰囲気は一昔前。

妹さんは、妹さんの子どもはテレビ大好きで学校行く前にテレビ見て、帰って来てテレビ見てみたいな生活なのよと愚痴っていた 笑 

やはりテレビは魅力的なんだろうなー日本でも同じ感じだろう。

 

そして(プノンペンで働いている)お姉さん宅にも豪華な結婚写真があった。

ちなみに子供達は裸足で家と外を行ったり来たりしているし大人も割と裸足率高い。裸足かビーサンビーサンって日本生まれだっけ?大人と子供もビーサンでものすごい普及率。

6時前くらいにオークン(ありがとう)して去る。

キーンさん宅では奥さんがイーチャイの宿題をみていた。ここでもお菓子を食べながらでひとつ食べてみなという感じでお団子っぽいものをいただく。ココナッツ風味の、KARONA宅で食べたものが小さくなった感じのスナックだった。

そこへ近所のおばさんっぽい人がやってきて奥さんに祈祷みたいなことをしてお金をもらっていた。そういうお仕事?

 

部屋に戻ってまた少し自由に過ごしてるとキーンさんが夜ご飯を持って登場。

妹さん宅でめちゃご馳走になったからさほどお腹空いてない…肉じゃがっぽいものでおいしいけど控えめに頂く。

歯磨きして寝支度を整えようとするとキーンさんに呼び止められる。

真面目系お話するらしい。ちょうど今日はキーンさんは仕事していて忙しいから話すの無理かと思っていたところだったので自分から言ってきてくれることに感謝。

名前入りの立派な修了証を見せてもらうけど日付が去年の…しかも渡してないんやったら意味ないやんと思いつつ、そもそもこれはなんなのか などという話をしてみると、なんとこれは今日受け取ったらしい。私がキーンさんの家に滞在するのに1日8ドル払ったお金でやっと払えたみたいなことを言っている。

いやいやいや もはや意味ないし、高かったみたいなことを言ってるしどないやねん!お金ないのに余計なもの買っちゃう系男子!?と あぁー と誰が見ても苦い表情をしちゃう私。

一旦昨日の話の続き、この機関の歴史というかを話いろいろ腑に落ちる。

キーンさんの先生にあたる人がボランティアを連れてくる約束をしたけど連れてこない。数年間ずっと催促してもボランティアを連れてこず、(このことに腹を立てた生徒達が学校を辞めて違う学校へ)シェムリアップ時代の先生に助けを求めるとアイセックの人を紹介してくれて私がくるに至ったらしい。すごい偶然。

ボランティアに継続的に来てもらうようにすること。教えに来てくれたボランティアが一律の基準で教えれるようにカリキュラムを作ること。(この必要性は私が感じてキーンさんに伝えたけどどこまで伝わったかは不明)を目標設定した。

月曜日に入る前にお話ができてよかった。

 

今日起きた時思ったのはだんだん日常生活化してるなというか、今日をどういう風に過ごしたかがだんだん薄くなっているというか…。中だるみというか滞在10日目を超えてくると11も13も同じ感じ みたいな。

1日1日を意識して過ごそうと決意。

そしてアンコールワットまで10日間とか考えるとまだまだだなと思うけど、留学関係学内締め切りまで9日間(アンコールワット前日が締切日)と考えると時間がない!急がなくてはと思ってしまう不思議さ。

 

毎度のこと21:30から強い眠気に襲われて寝てるけど22:30頃起きて珍しく横内とかからもLINEあったので返したり。寝転がった状態で作業してるから眠くなるんや!と椅子に座って作業するも、虫が怖くて蚊帳に入りたい→椅子を蚊帳に入れて座ると頭がつっかえる→蚊帳で寝転がる 

という状態になる…

 

そういえば昨日、私に今必要な力だと思っていることが文章になっていたので感銘を受けて待ち受けにした。

「習慣になった努力を、実力と呼ぶ(by河合塾)」

まさに!努力を習慣化して実力をつけたいものです、そしてそれが自信に繋がると考えます。

 

今日のハッピー

多くの友達とのLINE&電話

夕涼み参加 

目標が明確になった

 

f:id:cam89:20170306013933j:image

驚くスピードで完成

 f:id:cam89:20170306013953j:image

 トムとジェリー鑑賞