読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアインターンブログ

カンボジアにインターンに行く学生の記録日記

2017/3/02 8日目 伝える難しさ

今日はいつものように4:30に目を覚ますけど寒くて寝付けない。そして仰向けで寝れずに横向きで寝てるせいか体がバキバキ。歪んでるのかな。

日めくりカレンダー、本気で取り組めば人生を変える経験に とのこと。短い文だけど確かに。と噛みしめる。

日中暑いのに朝はこんなに寒いことに驚きパジャマを長袖にすることを決意。

朝日を見に行くのに5:50に起き、6時から行動。キーンさんに声をかけるとついてきてくれるよう。忙しいやろうに、1人で大丈夫だと言っても付いてきてくれるという。おじいさんおばあさん宅前らへんのでみるかと思ったけどもっと良いところがあるらしくちょっと歩くと地平線が見えるところへ。

昼の暑さが嘘みたいに本当に冷えていた。

ちなみに日中の暑さは、、日本の夏よりは暑くないと思う 笑

思ったより過ごしやすい暑さ。蒸し暑さがないからかな。

6時になったばかりの早朝だけど普通に人が活動している。乗合バスみたいなのも通ってるし、カンボジアでは都市でも地方でも朝は早い。

だだっ広い場所近くにはフットボール場があり、子供がよく遊んでいるらしい。あとポツポツお墓も見えた。集団墓地じゃなくて1人 2人ずつのどちらかというと西洋に近い感じのお墓。

ほのかにあからんでる状態だったのが、朝日が昇るにつれて明るくなってきた。

心に染みるものがあった。おばあさん宅を通って戻る途中キーンさん奥さんがスタンバッていたので何で仕事に行くのか見たくて私もおくさん見送りスタンバイ。

巨大化トゥクトゥクみたいなものだった。あとで見てみると指さしには地方によくある乗合バスみたいな表記がされていた。

同じ工場に行くと思しき20人くらいの大人が乗っているんだけどバイク一台で引っ張っていて動力気になった。

見送ったあとキーンさん宅へ戻りご飯。朝冷えたのかお腹がなんとなく痛み、気持ち少なめ朝ごはん。今日は洗濯が干されてなかったので私も洗濯せず。

マーケットに行くらしいので1日ぶりに行ってみたくなり付いていっていいか聞いて乗せてもらう。発進しようとするとバキバキとバイクから異音が…地面に落ちていた缶がタイヤに挟まったらしく一度降りて取り除く。

キーンさんは毎日マーケットに行っているっぽい。

 

おととい来た時は気づかなかったハイテクなsdカードとかスマホケースを扱っているお店や、近くの豪邸に気づき写真をとる。向かいにはガソリンスタンドもあり、何よりプノンペンでsimを買ったsmartがこんな田舎にも来てることに驚き。

何かを買うというよりただ見たかったのでキーンさんの後についていく。警察官が立っていたり、キーンさんに財布とか気をつけてねと言われたので地方とはいえ人が多く集まるところは何かしら起きる可能性があるのだなと実感。

野菜売りの前で足を止めてパームフルーツを紹介してくれる。

f:id:cam89:20170303104604j:image

この右上のやつ。コーンを一粒もいだやつを巨大化させた見た目でどこがフルーツなんだろう?と思った。

パームフルーツジュースもあるよ、と奢ってくれる。500R払おうとすると制止。

クーラーボックスにジュース直入れ状態で、それをすくって袋に入れてストローをさしてくれる。衛生状態ものすごく心配だけど奢って頂いたのでありがたく飲んでみる…形容しがたい味ほのかなまったりとした甘さがカンボジアの方は好きなのかな?というようなジュースか冷たいスープか判断に迷う甘さ。

肉屋さんでは売る方も買う方も肉にタッチして買うのに驚いたり、ドーナツとかも売ってたり、親しい人とすれ違う時は男女関係なく腕を軽く触っていったりいろんなカルチャーショックを感じつつ。マーケットを後にする。帰宅するのかと思ったらマーケット近くの印刷所的なところに止まった。

PCとかレアだからPCで何かを取り込んだり印刷したりする店が成り立つんやろう。店は混沌として綺麗とはいえないけどお客さんは結構いて繁盛してそう。

奥の方はパソコンを学ぶらしい。オーナーはどこでpcを学んだのかキーンさんに聞いてみるとhigh school とのこと。

そしてpc教えてるとのこと。奥を覗いてみると同い年くらいの男性数人がexcel開いてなにか作業していた。

 

ここに来た目的はどうやら私に関する何かをするみたい。

私が来たというチラシを作る?

生徒のネームカードを作る?

私のIDカード的なのをつくる?

と考えたけど答えは3番だった。何か打ち込んでいて、写真がいるとのこと。お迎えの人に送る目的で空港で撮った自撮りを見せるとそれでいこうと言われてスマホとpcをつなぐことに…データがPCにコピーされるのはこの際仕方ないけど変なウイルスとか入らないかとドキドキしながらつなぐ…。

自撮り写真の背景を青く加工して証明写真風にくれる。うまい。

と、ここで波があった腹痛がmax痛くなりキーンさんにお腹が痛いので早く帰りたいとお伝え。後五分くらいだから頑張ってみたいな返答を頂く。

激痛は去ったので耐える。

 印刷したものにキーンさんがハンコを押してくれたものをラミネート加工して穴を開けてくれる。ものすごく っぽくて嬉しい 笑

1000Rか2000Rっぽい。意外と安い。

やっと帰宅かと思うと文房具屋さんに寄っていく。首から下げるものを買ってくれて、IDと合体。首から下げてくれる。

村の人が不審者がらずに済むのかな?

そういえば書き忘れていたけど昨日授業中近所のおばあちゃんが授業を見にきた。

何事かと思ってキーンさんに尋ねると、日本人を見たことがないから見たかったらしい!なんかたまに耳にする話だけどまさか自分が対象となるとは 笑

おばあちゃんにとっての初日本人となったことは光栄だけどすごく田舎に来たことを実感した 笑

一昨日訪問した学校をバイクで抜けて帰宅 (普通に学校敷地内が道と化している!)   

帰る途中、ダイエット中にダイエット後反動でめちゃ甘いものが食べたくなるが如く田舎にいるからか、梅田とかそんなに好きじゃないけど帰国したら梅田や三宮の大都市に触れて、普段ゲームとかしないけどガンガンwiiとかしたくなった 笑 都市生活っぽいことをやりたい欲 笑

テレビとかも全然見てないし…

 

まずトイレへ。吐き気とかないし日本でもたまに経験するレベルの腹痛だけど初腹痛in カンボジアなのでちと心配。正露丸のお世話になるために薬入れを探すとマキロンがきちんとしまっておらずだいぶ漏れていて薬類ずぶ濡れだった…ジップロックに入れていてよかった。もろもろほして、正露丸を飲む。

相変わらずブログを書いたり、シェムリアップ調べたり キーンさんに授業をお願いしたとはいえ今までの経験上君がやってとなる可能性を踏まえ授業計画準備。

そうこうすると昨日と同じように早めの11時前の早めのお昼。腹痛なので気持ち抑えめ。マーケットで買ったパームフルーツが出る。なんと皮を剥くと透明でちょっともちもちしている。ナタデココとか大好きな私にはすごくヒットフルーツだけど腹痛を踏まえて1つに抑える。

まだお腹が痛いことをキーンさんに伝えると薬を持って来てくれて、今日は授業しないでいいよと言ってくれる。

今日は元々2コマはキーンさん担当だしそれほどではないので大丈夫だと伝える。

薬は正露丸との飲み合わせが気になったのと海外の薬ということで不安なので一旦置いておく。

 

昨日感じたキーンさんを育てなければとの思いからキーンさんのゴールは何か聞いてみる。成功したいとのこと。どうなったら成功?と、渡航前にアイセックにお世話になったようなやり取りを行う…言語の壁があってなかなか進まない。ボランティアに来てもらいたい、トゥクトゥクを買いたいなど出てくるのでそれを書いていく。

そうこうしていると子供達がきたので一旦お開き。どうやったらボランティアに来てもらえるのだろうかとか考える。サイトを充実させよう、Facebookをヒットさせやすくしよう、ボランティアしたい人が見るようなサイトに登録する…?とか考える。

 

子供達に今日はキーンさん授業と伝えてもらうと、私の授業がいいと嫌がってくれる…ありがたいけど私は帰るわけだし、改めてわたしが帰った後どうやったらクオリティをあげれるのか考えなければと焦る。

授業見学をさせてもらい気になったことをメモ。

昨日から授業をやってもらうことはお願いしてたけど特に用意はしてないみたい。

わたしがくる前もこんな感じだったのかな?

キーンさんが教える利点としては翻訳して、ということができる。

昨日の復習という感じで授業終了。

特に新しいことはやってない感じ。

途中、昨日私が a を抜かして教えていたことが発覚し、(I am a teacher) 生徒達がa はいらないんじゃないかとキーンさんを疑う…💦

絶大な信頼を寄せて頂いているようで嬉しいと同時に間違ったことを教えないようにせねばと反省。

改めて人数を数えると2-3時クラス7人

 

ついで3-4時クラス、遅れてくる子も合わせて8人。

ここで寝ていたキーンさん下の子が起きてぐずるので何度か退出してあやしに行ったり、教室に連れて来てあやしながらの授業だったり…これは大変だ💦

皆思ったより黒板に書くのが好きで、今後導入しようと決意。あと答えられなかったら耳を掴んでしゃがむのを30回繰り返すという罰があり、驚き。

1人女の子がやりたがらなくて授業が止まったので代わりに英語で1-30まで数えることを提案。できる子だったから数えられたけどできない子にとっては逆にしんどいかも。誰でも同じようにできる肉体的な罰の方が逆によいのかな?などと考える。

授業が終わり今日の授業を見て思ったことを伝えようとする。まずこの数日間教えていて気になったレベル差、なんの基準で今クラスが分かれているのか聞こうとするけどなかなか聞き出せず。

言い方を変えたりGoogle翻訳使うけど意味をなさず、leangに翻訳してもらおうと連絡するけど余計にこじれる。 

この質問を投げかけて1時間くらい経っても、キーンさんは昼話した未来の予定の話をされるので現在のクラスについて話したいと言っても伝わらず、本当にフラストレーションがたまってしまい、キーンさんにというかどこかにむかってあーと叫びたくなってしまったので一旦離れて深呼吸あんどえりちゃんに荒れたLINEを送って平静を保とうとする。

キーンさんは悪くない。これはわかっているけど、伝わらないって本当にストレスなんだなと感じる。経験上言語に関するカンみたいなのが鋭い人はいて割となんとなくでもお互い言わんとする意味はわかったりするけどそれには該当せず。

日本で親とかが兄弟で話していることをつかみきれず見当違いなことを挟んできたときの、いや、そうじゃなくて という感情に似てる。日本の場合日本語で説明したら大体 あぁ となるけど

この場合それを訂正するのも時間がかかり、すべての会話の応答にこのフラストレーションが溜まる感じ。

これが最大の課題かもしれない。

考えるに連れて私はキーンさんとがっつり話していく必要があるけどキーンさんは、ここでどれほど伝わってるのかわからないけどそこまで英語が話せない。

日本換算すると中2とか?have you〜とかwill you/did you 全部通じないし he she you とかも割と混じる。

私の親、と言いたいときにyour parentsではなくher parents という感じ。

キーンさんより話せる6-7時クラスの生徒はいそう。

繰り返すけどキーンさんは本当に良い人である。だからこの言葉の壁を抱えても私はキーンさんと話して、今後のことを話したいと思っている。

1時間半くらいかけて得たなんとなくの答えはキーンさんもわからない というもの。クラスを分けることについてはあなたの独断で分けたら良いよ 的な。 

3時からのクラスに遅れてくる子もいるわけで、その子は2時からのクラスに来れるの?学校の時間大丈夫?とか聞くけどあまり通じず…話してみるという結論に落ち着く。そして2人で生徒をレベル別に分けてみる。

このことをleangに伝えるとそれでいいの?的な返事があり、私もマイナス面も感じていたのでちょっと置いておかせてもらう。

まるっとここまで2時間費やし、いつもなら夕涼みやらシャワー浴びたりしてるけど今日はすぐに授業。

6-クラスは6:15頃に皆んなが集まってくるのでそれくらいにスタート。午後クラスは皆んな自転車だけど、夜クラスはバイクでくる子も多い 笑 13/14でバイク…!

カンボジアに来てから同世代の子がガンガン運転しているのをみて私も日本に帰ったら脱ペーパーして運転練習しようと思った。送り迎えとかもできるようになって両親になんのために免許とったのー と言われるのも脱しよう。決意。

 

さて、今日はなんとなくこの3日間とかでレベルを見定めて上のクラスには伝わるだろうと思ってやることにした、なぜ英語を学んでほしいかを導入に。

最初にいろんな職業を英語で聞く。皆んな本当によく知ってる。続いて、

what do you want to be in the future ?

学校でやってるのか、少人数の子はあっさり意味を理解。

他の子にもわかってもらうためにクメール語に訳してもらう。

そして答え方を教え、みんなにノートに書いてもらう。doctor teacher lawer policeman いろいろ書いてくれる。

知ってる単語で書いたのか、本当になりたいものなのか確認すると本当になりたいものらしい。「カンボジアの地方」の子がどんな夢を抱いているのか気になっていたけど(マーケットで働く人とか 身近な職業かな? とか) 割とバラエティに富んでいて目標も高くて思わずにっこり。是非是非叶えて欲しい。

次に、why do you study english ?

と書いて、意味がわかった子に再び翻訳依頼。

これも学校で習ったのか答えられる子が。当ててみると書いたり読んだり間違えずにするため、と あってるかわからない みたいな感じで答えてくれる。ふむふむ。それも大事やねー

私から伝えたのは英語が今では世界語である。どこにいっても通じるから、世界中に友達が作れるよ。日本人の私がカンボジアであなた達と今話しているのも英語、英語のおかげでキーンさんとも話せる。韓国 中国に行った時も英語で話したよ と伝えるとカンボジアも!と 笑

うんうん。プノンペンでも英語で話したと経験談を語る…

そしてもう一点、つまり英語が話せると選択肢が広がる。世界で働けるし、将来皆んなが書いたdoctor lawer teacher...何をするにしても英語は力になる。

だから私は皆んなに英語を学んで欲しくて、今教えているんだよ。と伝える。

話しながら自分でも帰ったらあるいは今からもっと本気で英語を勉強しようと心に決めた 笑

皆真剣に聞いてくれて、伝わった感じ。

嬉しい。動詞過去形を練習して終わり。

キーンさんがAkariは(発音としてはアーガーリ)教えるのがうまいね と言ってくれる。確かに完璧じゃなく改善の余地はまだまだあるけど自分でも驚くほど(プラス客観的に見ても)うまく 先生をやっていると思う。

でも今後どんどん私の教えるスキルが上昇していくことが大事かというとそれは違うなーと。

この教えるスキルをキーンさんに学んでもらうなどして成長してもらうと同時に私が帰っても回っていくシステム。カリキュラムを想定していたけどボランテァに来てもらうシステム含む。これが大事だよな と噛みしめる。

妹さん宅でシャワーを借りる。昨日はあったかかったのに今日はホットシャワーではなかった…温度は何で変わるのだろう?昨日は日中だったから?

1日ぶりに来たけど本当に近代的。テレビもあるようでお母さんとお子さんとテレビで見ている。オークン(ありがとう)と言ってキーンさん宅へ向かう。懐中電灯がないと歩けない暗さ。夜ご飯はカレーみたいなものでご飯と混ぜたら案の定美味しかったけど、腹痛持ち時にカレーはアウトな感じがするので抑えめに。

食器を下げにいくとまとめて犬と鳥にあげていた。残飯なんてものは存在しないんやろうなと感心。

歯磨き、トイレ、そして夜掃除を済ませ

蚊帳準備。朝あれだけ掃除してあんなに綺麗にしてもこれだけ虫の亡骸が起きてるのは本当に不思議。

猛烈な眠さに負けて、9時半ごろ寝落ちして11時ごろに目を覚まして携帯充電、消灯就寝。

 

今日のハッピー

IDカード作ってもらった  

パーツフルーツ初体験

子供達が私の授業を望んでくれた

英語×将来の話ができた

 

f:id:cam89:20170303125936j:image

圧倒的な朝日

 

IDカード