読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアインターン滞在記

カンボジアにインターンに行く学生の記録日記

2017/3/01 7日目 キーンさんの意外な真実

今日も早朝一度起き、なんとか寝ようと試みる。昨日の夜からずっと同じような東南アジアンな音楽が流れているせいかなかなか寝付けず6時に活動開始。 

相変わらずものすごい数の蚊が蚊帳でご臨終されているけど、(? なんで蚊帳に触れるだけでなくなるんだろう? 脚がもげるとか?薬品?)今日はサソリはいなさそう。安心。

今日から3月!1週間経過!あと5週間!と嬉々としてカレンダーの昨日の日付にスラッシュを入れる。

日めくりカレンダーをチェックしたりして6:30ごろ外に出て見るともう行ったと思っていたキーンさん奥さんがまだいる。キーンさんお母さんが急ぎなさい見たいな感じで呼びに来て、奥さんダッシュ。

バイク通勤と聞いていたけどバスっぽい。ぜひ滞在中に奥さんの工場訪問したいけど可能なのかな?

そしてやはり朝はいいな。電気がなくても明るくて安心する。

 

トイレに行ったりして、昨日の夜、番くんと話した続きでキーンさんにここからプノンペン経由シェムリアップ行きについて尋ねる。プノンペンへのバスは朝4時からあるという。嘘!?

にわかに信じられず、何度か聞き返すけど4時だという…ホント? プノンペンへ仕事に行ったりとかのため⁇ 2時間半かかり2.5$らしい。安すぎてこれも眉唾だけどプノンペン シェムリアップ間の7時間とかのバスが6$なのを考えるとまぁありえる。

そんな話をしてると牛が近くを通りかかったので出て行って記念撮影。

この週末はどこにいくのかと聞かれて、ここにいるというとウォーター〜〜 に行くといいよ、往復20$ とオススメされる。

ウォーター〜〜をググってもわからず、クメール語翻訳でもわからず、何ができるのか、なぜオススメしているのかもわからない。zoo(?音はこれだけど動物園のzoo なのかわからない) がある?とか?

お互い埒が開かなくなってきて、キーンさんが、お父さんがよく知っているから聞いてくるよ みたいなことを行ってお父さん宅へ。ニュースやtwitterメールをチェックし終わってもなかなか帰ってこない。おそらく15分くらい経過。堀北真希引退に少し衝撃を抱きつつ、ブログ書いたりして待つっているとキーンさん戻ってくる。お父さん云々はどうなったのかわからないけどFacebookの写真を見せてくれる。ジャングルみたいな湿地、川が若干あるっぽいところをみんな歩いたり泳いだりしている…土日は家族やえりちゃんとの電話があるし留学書類を片さないとやばい&お金に余裕がないから別に良いんだけど…と伝えるとわかったよとのこと(ホントに?)

 

そんな話の後に朝食を持って来てくれる。いろいろ話したりしたのでいつもよりだいぶ遅めの朝ごはん。

昨日と同じメニューで、朝はご飯がおかゆ状になるのが恒例っぽい。昨日と同じように食べたいぶんだけ取るスタイル。感謝。

食べ終わると、朝起きると洗濯物がすでに干してあったので、出遅れたと思いつつ洗濯していいか聞く。sureとのことでもろもろ洗濯。なおキーンさん手伝ってくれる。

手洗いと聞いた時点で下着感ない下着を持っていくことにしたけど正解だったと思う。

昨日書いたか忘れたけど金だらいに洗濯物を入れと井戸水を入れて、洗剤を投入。よくもみ洗いして、水気を切って別入れ物に入れて、すすぎ、干す、という流れ。 

 

蚊帳に引っかかっているもの以外にも大量に蚊や虫が、土が部屋にまかれているのかな?と思うようなレベルでいるのでお掃除しようとしたら昨日の夜上のお子さんがほうきを持っていったことを思い出しキーンさんにほうきを所望。部屋にあるわということで持ってきて頂く。

子供の世話やご飯の買い出しやらで忙しいキーンさんをわずらせたくなかったけど掃除を手伝ってくれた。

ここにきて3日経ったけどまだ自宅に入ったことがなかったので入っていいか聞いて許可をもらったので階段を登って中へ。私の部屋の真上が生活空間で、足跡含めすべての音が聞こえてくることから察してたけど本当に床が薄い…ジャンプしたら抜け落ちそう…

そしてキーンさんはいつもキッチンで寝て、ここは奥さんと2人の子供が寝てるとのこと。

奥さんは自分のことが嫌いだから一緒に寝たくない、とのこと…

!?!?

話を聞くと

奥さんはお金にならないorganizationはやめて働いてほしいらしく、奥さんとは考えが合わない。

でも自分この仕事が好きだから将来この家は奥さんにあげて、どこか他の土地でorganizationやりたい。

とのこと…私めっちゃ微妙なポジションやん!!奥さんにどんな顔して会えば良いんや…

 

そんな背景があったんやと複雑な思いを抱きながら、部屋にこもって授業予定を組んだり、シェムリアップ関連連絡したり…

アメリカ文法ワークの順に教えているけど1日ごとに教える内容を決めているのでは元々の問題、「日ごとに行き当たりばったりで教えている」というのの解決にならないのではないか、大切なのは私が帰ったあとも質の高い授業が提供されることなので私に必要なのは私の教える技術云々ではなくキーンさんの教える技術向上なのではないか…

人のマネジメント術とか人を教えるすべを学んでこればよかった…とちと後悔。

時間はあるしネットで情報は手に入るしそっちの方向でも考えていこう。

そして奥さんとの話も絡んで欧米の有名なNGOで働くと年収1000万とかいくらしい。お金をうむ仕組みってどうなっているんだろう。生徒から授業料を集める以外でどうやったらお金をうんで、犠牲の精神だけではなく生業として運営できるんだろう

そこにもインパクトを与えられたら最高ではある

 

そんなことを考えていると11時前に早めのお昼の時間。

遅めの朝ごはんから考えると全然時間が経っていない 

スイカが出てきた!日本のスイカと外見は全く違う!冬瓜の色が濃くなったような形とサイズだけど、中身は全く同じで味も美味しい。

カンボジアにはスイカはあるの?と聞いてくるくらいスイカ大好きな父に連絡。笑

 

お昼を食べながらスマホの翻訳を通じて奥さんは離婚を望んでいる…などとさらに重い話を聞かされる。まじかー

土地を買うのに50万 、教室立てるのに15万らしい。

今も実質働いていないのでお金はないはずだし、新しい土地で始めても光熱費にマーカーなどの雑費とお金はかかるだろうにどうする予定なんだろう。

聞いてみるけど伝わらない。今後聞いていこう。

私は日本に帰ってしまうので、あなたの教える能力を上げたい。あなたの力になりたい、と簡単な英語で繰り返す。伝わったかな?

そしてそのためにはキーンさんの授業を見なければ!明日授業を見たいということを何度か伝えて多分伝わった。

昨日からのイライラしない一歩としてコミュニケーションに時間がかかるのは当たり前だと思うように、そして相手の話を聞くようにした。

私の問いかけに対して全く違う答えをしても、聞いていると3分後くらいに聞きたかった答えが得られたりする 笑

ちょっとした忍耐ですね。

 

歯磨きをしたりして、再び授業準備とシェムリアップ観光調べ。

するとファンと電気が一瞬止まる。1日ぶりの停電だ!午前だからあまり影響はないけど、夜起きる可能性あるやんと憂鬱になりながらライトを出しておく。

また10分後くらいに同じ感じで一瞬止まってまた動き出す。

 

今日は弟の卒業式だったらしく、両親や弟にLINE。家族LINEをしても弟は基本返信しないので個人LINEを動かしてみる。

両親に比べてあまりmiss you 感を抱かないけどこんなものだろうか。LINEしてみて相変わらずの感じで良かった。

そして日本にいる頃は毎日体重測ってコントロールしてたけどここでは体重計などないし、運動量に対して自分がどれくらい食べているのかもあまりわからない。

ふと手をみるとなんかプニプニしてる感じがしてスロースクワットを試みる。

続くかな?

自分で取り分けて食べる方式とはいえ普通に美味しいし、何よりもせっかく作って頂いたんだしと少しキャパオーバーめに食べる傾向があるけどそれでストレス溜まったら体壊すなら本末転倒だからノンストレスな食事を心がけようと決意。

 

そんなこんなで2時前になったので外に出てスタンバイ。

子供たちの名前が覚えられない!というのが課題だったので一人一人写真を撮って名前を日本語英語混じりで記載…ついでに人数も把握できる。

今日は詰め込みすぎない。ペアワーク導入を意識してやってみた。

ペアワークがなかなか伝わらず、日本のイメージで

はい、ペアでやってみよう

ガヤガヤガヤ…  

ペアおわりー

みたいな感じではなく1つのペアがやっていると黙って聞かなきゃ となる&ペアを当てたら立ってくれようとする…などペアワークを伝えるのに本当に手間取ったけど最後はどうにか伝わった。

ペアワークは初めての感じだったらしく楽しんでくれたみたい。

そしてノートに書く系も混ぜて終わったらチェックのハンコ(日替わり)を押すんだけど 本当にたかがハンコ、されどハンコ!モチベがやばいしハンコを押したあとのまだもらってない子に自慢そうに見せる感じをみると 私も子供の頃ハンコとか先生のはなまるが嬉しかったなと思い出す。

ふと帰国したら自分が住んできた土地をめぐりたくなった。

まずは近場の小中高から回ろうかな。

新しい単語を説明するときにクメール語にするのに旅の指さし索引をめくるのだけどそこに時間がかかってしまったことが反省点。

 

2:35くらいになると次のクラスの子達が来るのでいつ終わるか迷うけど55分まではやろうと決めていたので55分までやる。

色に続き単語シリーズで動物をやったけど思ったよりめちゃめちゃ知ってて驚き。

これはなに?と聞くとみんな大きな声で答えてくれるし、わかったら手を上げてパターンにして当てても割とみんな手を上げてくれる。

8割くらいの子は大体同じくらい知ってるけど、残りの2割の子は埋もれてる感じ…

 

終わると間髪入れずに次の子達が座るのでまた写真撮って名前メモを繰り返す。

同じように授業を始めるけどやはりこちらのクラスの方が全体的にレベルが低め。

そして昨日も途中で入ってきた男の子二人組が今日も遅れて参加。

キーンさんに指導されているのか遅れて入るときは

teacher, can I get in ?と東南アジア風に日本のお願いポーズをしながら聞いてくる。

sure で受け入れて、続行。

同じようにまたクメール語変換に手間取ったり、1つ目のクラスと同じところまでは進めなかったりしたけどなんとか無事終了。1つ目のクラスの勉強苦手な子がこっちに参加してくれたらレベル分けて教えやすいけど それは可能なのかどうか。日本でも習熟度別クラスには賛否両論あるのに。(今は大体良しとされているのかな?)

 

昨日も4-のクラスは来なかったけど今日もこなさそうなので撤収すると1人女の子が。キーンさん曰く自転車が壊れて来るのが遅くなったらしい。他に来る子はおらず、マンツーマンかと一瞬思うけど、そもそも4-5の授業をやる約束だったしせっかくきてくれたのだから授業をやる準備をしていくと、キーンさんとお父さんが今日はもう帰ってまた明日きなね。みたいな感じで帰していた…

えー やるよ!? と言うも、いいんだよ

との返し… 

 

4-6と2時間の休憩を挟むわけだけどまたシェムリアップ調べたり、授業振り返ったり…

この時間はキーンさんのおじいさんおばあさん、妹さんの家の前で夕涼みが行われていて、私は言葉はわからないけどこのなんとなくの団欒に参加するのが好き 笑

基本さみしがり屋なのかな?もうすぐ日が沈む感がある、ちょっと夕方な感じで、孫たちが泣いたり走り回っているのを眺めている感じ。

昨日はおじいさんにコーンを頂いたけど今日はフライドポテトを頂いた。どうやらおやつのよう。見た目は鶏を上げたものみたいだけど食べるとホクホクじゃがいも。おじいさんと記念撮影をする。

おじいさん宅に行く途中で井戸発見!

ここからポンプで水を組み上げホースにつなぎ、トイレのバケツや外に設置してる釜に入れるみたい。

井戸は手動でも使えるので体験させてもらい動画を撮ってもらう。

妹さん宅では妹さんが鳥を処理していた!!

羽がついたまままるゆでし、羽をむしっている…普段なかなか見ることはない風景。日本では工場で行われているのかな? 豚とか牛は人の手で解体されているのは銀の匙の知識で知っているけど鶏はどうなんだろう?

今日は暑い日で、妹さんの家は(近代的ゆえ)ホットシャワーなのでおばあさんの家でシャワーを浴びるかい?と勧められる。昨日まで妹さん宅の風呂でホットシャワー使っていいのかわからずその下にある水をためたバケツから手桶ですくっていたのでホットシャワーウェルカムなんだけど、(カンボジアに来てからずっと水シャワー) おばあさん宅のお風呂も気になったのでそちらを使わせていただく。

おばあさんの家のキッチンから入って行くと、室外か室内かわからない感じ。一応室内なんだけど、薪をくべて料理している。日本も昔はこんな感じだったのかな。

家はめちゃ近代的だけどキッチンは本当に昔ながらな感じ。

興味深くて写真を撮っていると腕をとって近代的な家の方に案内してくれた。

繋がっている家は妹さんの方なのか、妹さんの結婚写真とかが飾ってあって、キーンさんの家と比べると本当にお金がありそう…

 

肝心のお風呂はこれも昔ながらという感じ。電気がついているのかついていないのかわからない感じで夜は使えなさそう。

大きな仕切りの向こうに水が貯めてあって手桶ですくって使う。

とここで停電。もともと暗いので明るさはそんなに変わらないけど日が昇っていてよかった。

風呂から出ると、キーンさんの妹さんの鳥処理は羽を抜き終わって冷水で流していらところだった。その周りにはおそらく生きている頃の仲間が…😵

興味深そうに見ているけど何が起こったいるのかわかってるのかな?

最後肉になるまで見届けたかったけど授業時間が迫ったいるのでキーンさん宅の方へ。

ここの移動は池の横を通って徒歩1分くらい。

 

上のレベルのクラスも顔写真をとり、名前をメモして行く。

電気がないと勉強しにくい暗さだけど電気はなぜかつかないしキーンさんは買い出しに行っているので生徒に聞いてみる。生徒も意味を理解してくれるけどなすすべなく、生徒も集まりこの暗さでまぁ始めるかとしていたところキーンさん帰宅。

電気のことを言うと生徒に何か指示してくれる。生徒、机に乗って電球をくるくる締めて電気をつけると ついた!よかった!

年齢上の生徒たちは本当によくできる。

学校でやってるのかな?前置詞復習テストも、どのくらい知ってるのか知るために聞いて見た色も動物もスラスラ。

今日のテーマの動詞もめっちゃ知ってて予定していた範囲をさらっと終えてしまう。

動詞の過去形も知っていた!

be動詞の過去形はyou was のミスが目立ったけど知ってる感じ…すらすら理解してくれるとこちらも嬉しい。

ただ1人他のレベルと大きなギャップがある子がいて不安…

できる子は、ペンを忘れた子に teachr can I use your pen ? といえばよいんだよと教えてあげるくらいには英語を知っている。常套句として覚えてるのかな?

書き問題も最後にやってスタンプを押すんだけど大きい子達でもスタンプが綺麗に押せているかとかでリアクションしている。

上の子達クラスにはクメール語で説明する時間があまりないからかすらすら終わり、達成感。

彼らには英語をなぜ私が勉強してほしいと思っているのか、彼らはどうして英語を学ぶのか、 とかの授業ができるかもしれない。

子供クラスにもキーンさん翻訳付きでここら辺の話はできたら良いな…

 

夕飯は大量のマンゴーが付いていた。ノンストレスな食事を目指し、食べる。

歯磨きをして部屋へ戻る途中外で何かを煮ていることに気づく。水を沸かしているらしい。井戸水を沸かして飲料用にしているらしく、私には水ペットボトルをくれているけど皆さんは井戸水沸かして飲んでいるのか!と特別扱いに申し訳ないと思いつつ圧倒的感謝。大切に飲もう。暑いからか350mlペットを1日3 4本飲んでしまう…水分我慢は命に関わるからよくないけどこのことを肝に命じて飲もう。

そしてだめ押しでバスの時間を確認すると、4時はなくて、5時からとのこと。

合計30分以上費やしてファイナルアンサーを得る。

話してたら電話をしだし、電話を切って、今予約したよとのこと。

まだ確定じゃないから!!!と慌てて言ってキャンセル連絡を。

予約してとか一言も言ってないのに…

何度も聞くのは正しい情報が得られないからなのに…

コミュニケーションは難しい。

伝わるように過去形も未来形も全て現在形で話すし、単語の羅列の方が伝わるから私の英語はレベルダウンしそう 笑

 

 

そういえばLINEで番君がブログコメントを送ってくれた。

壮絶ですねー自分の環境が恵まれていることに感謝しました…

から始まる内容で、共感というか大変なんだね、と受け止めてもらうだけでこんなに心安らぐのかという事実に驚き

同情してほしいとか、僻むとかじゃなくてわかってくれた! みたいなありがたさ?

皆様LINEやブログコメントでコメント寄せてくれて本当にありがたい。careしてくれている、関心を持ってくれているからこそコメントしてくださるわけでいろんな意見に触れれることで、それこそ自分の視野が広がる。

 

新たな見識をくれる他に、寄り添われるって本当に救われる(?)

つらいと思うことの罪悪感がなくなるいうか。肯定されるって嬉しい。

 

部屋に戻るとまたスクワット、そしてらくなん(家族の造語。一種の運動)を試みるが頭痛を感じてストップ。

ストレッチに切り替える。

するとキーンさんがやってきてまた掃除してくれる。

私は感じてなかったけど本当に多くの虫が落ちていた😂

綺麗にしないとこれを狙ってサソリが出るからね、とのこと。

ありがたい…けど一点初日の掃除から思うのは、たくさんの虫をはいたほうきで布団の上も同じようにはいてくれるのはちょっとなんとかしたい…

そして掃除を終えて鍵をちゃんとしてるんだよ、という言葉を残しておやすみをする。キーンさん自身も夜は、鍵はついてない手製の柵みたいなのを家の前に立てかけているしど田舎とはいえ犯罪は起こるんやろう。

 

ブログを書き始めようとするも眠く、うまく作れたと思ってた時間割のミスに気づき一部訂正する… 

 

今日夕日を見ながら朝日も見てみたいと夕日が沈む方向を指しながらいうと、朝日は反対だねと逆方面をさされる 笑

当たり前やけど日本にいると日常で感じないことだ。(私だけ? 笑)

6時ごろ見れるとのことで明日見たら良いよと。

そのことを思い出し明日早起きするし良いか、と22時ごろ就寝。

 

今日のハッピー

キーンさんとガチな話が少しできた

弟とLINEした 

 

f:id:cam89:20170302123532j:image

妹さん結婚写真

f:id:cam89:20170302123547j:image

鳥処理の周りに集まる鳥