読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアインターンブログ

カンボジアにインターンに行く学生の記録日記

2017/2/24 2日目 孤独とお友達

今日は朝3時に目が覚めてそこから1時間ごとに起きました…こんなの初めて。緊張かな

7:30頃起きるとすでに誰もおらず、着替えを済ませて顔を洗い、カロナに連絡するとトゥクトゥクを8時に呼んでくれているとのこと。
それまで地球の歩き方を読んだりしているとトゥクトゥクが来たので鍵締めをして乗る。
トゥクトゥクは楽しかった。街がよく見えるし揺れるのも楽しくて快適
付いた先はトゥールスレン。もう凄まじかった。本当に何年かだったはずなのにおどろおどろしさみたいなのが残っていて、建物に入るのも気後れした。1人で入りたくなくて他の観光客と合わせて入ったりするくらい、なぜこんなひどいことができたのか、パワーを持つと人は暴走するという心理実験を思い出しながら思わず見たくない、聞きたくないと思うような40年前にこの場で実際にあったことを噛み締めて来た。日本人の修学旅行生?みたいな集団が意外といた。
お土産物近辺で生き残りの人が本を出していて、それが日本語や英語にも翻訳されていてサインしたり一緒に写真撮ったりできて売ってるのには思わず写真を撮ってしまったけど、平和の象徴なのかなと思った。
もう数十年したら、生き残りの方もお年でご存命の方もいないだろうから記念に私も買った。
生き残りの方が生きているのだと思うと本当に最近といえば最近の話なのだと感じた。
1975〜9といえば、私の親はもう生まれているし、大阪万博も終わっている。あぁ歴史だなと感じた。
トゥクトゥク運転手を待たせすぎるのもよくないと思いちょっと急ぎめで見たけど、ゆっくりと見れる自信もなかった。
次に向かったのはsimショップ
英語が通じるような通じないような。1$でsim買って、課金制と言われたけど、カロナに伝えたら別プランをオススメされてそっちに。
隣に座っていたおじさまが新しく携帯を買ったらしく、おまけでFREE simを、くれるとなったけど若干遅く、すでに私がsimカードを買っていたのでそれは無理だということに、それならしたい電話番号を書けとおじさまに言われて私が買ったsimの番号を書いた(のが憂鬱の始まりだということにそのときは当たり前に気づかず…)けどそれも無理だということで結局simは私が買い、おじさまからは何ももらわず。
次に向かったのが王宮。ここでトゥクトゥク運転手にカロナの電話を介して15$払う…高い気がするけどカロナ紹介だし相場もわからないのでとりあえず払う。
王宮の場所もわからず、とにかく喉が渇いてやばかったので食べるものと飲み物を買うことに。見つからず再び王宮チャレンジ。銃を持って立ってる警察官に聞くと今はオープンしてないとのこと。地球の歩き方をちゃんと見ればよかった。11-14はお休みや!ミュージアムはやってるとのことでそっち方面へ向かいつつ再び歩き回っているとやってみたかったココナッツダイレクトジュース発見。、1$これも高かった気がするけど喉の渇きに押し切られ値切らずに買い、一気飲み。思ったより美味しくなかった…ココナッツジュースとココナッツミルクは別物だよね…うん。
その後コンビニ的なの発見。ありがとうコンビニ。リアルオアシス。水とフランスパンサンドイッチを買う。
フランス旧植民地ということでフランスパンは試してみたかったけどコンビニで買うとは思わなかった。3.5$日本と同じくらいの値段…これも他の食品と比べたら高いことに後で気づいたけどカンボジアビギナーだからしょうがない。美味しかったからオッケーとしよう。日本のフランスパンと比べて美味しかったかは、、、同じ感じ?
そして美術館へ。宗教のことをもっとちゃんと知ってたら面白かったのかなという感じで、でも仏像の顔とかは日本にも通じるところがあってアジア、仏教を感じた。言葉や文化はいろいろ違うのに、宗教って海を渡って、ベースが似ててやはりすごい!
14時までは開かないのでベンチに座ってブログを更新したりと時間を潰していると電話が!SIMのおじさまから、よくわからないのでカロナにつなぐと言って切った。トイレにもここで行ってみると紙がある!シャワーもあったけど!いそいそと紙を使わせてもらった。
そうしてまさに時間を潰して14時に合わせて王宮へ、道っぽいところに観光客の人だかりができていたからそこで待っていたら14時になっても開かず…どうやら集団で間違っていたらしくみんなで移動してようやくパレスへ。
広かった。綺麗だった。このときはなぜか1日のうちで家族シックがピークで、(家族づれが多かったから?) ツーンとくるものがあった。
広大だったという記憶が残ってる。ガイド頼んだらまた理解が違ったのかな?
15時からカロナがkizuna fesに行くと いうので確認を取ると彼氏と映画に行くとのこと wow 別に良いけどこれがカンボジア感!?
予定を変更してセントラルマーケットへ。トゥクトゥクも考えたけど交渉がめんどいのと時間があるので20分歩くことを選択。 本当にマーケットという感じで賑わってた。
多くの観光客が履いていて、涼しそうなゆるいズボンを買う。どれだけふっかけられるのかと思ったら3$、値切って2$にするもあっさり。セントラルマーケットはふっかけられるときいていたから元値いくらなんだろうと考える。
元々の目的だったクメールデザートへ向かう。セントラルマーケットから徒歩5分くらい。
地球の歩き方に乗ってたお目当てのものはなかったけどここでは食べられないと思っていたカボチャプリンがあったので、それとお粥みたいなものを選択。

カボチャプリンそのままで美味しそうなのに氷をドバッとかけてくれる。

氷は危ないってよくいうよな、とおそろおそる氷を避けて食べる。

お粥みたいなものの方が思ったより美味しく、ぜんざいに味がにてる。
カロナがピックアップしてくれるとのことで待っているがなかなか連絡がない…この待ち時間でこれを執筆なう。
するとまたSIMおじさまから電話が…!カロナ すごく会いたい! 私の電話分数キャパは課金した分だからこんなことで分数を取りたくない!!
そしてメールチェックを試みると200何件。えっ!?!? 読み込むのをやめてお家のWi-Fiを使ってやることに。
美術館でチェックしたばかりなのに…何があったのだろう…カンボジア滞在と何か関係あるのだろうか…早くお家でチェックしないと…again カロナ!早く会いたい!連絡!!という状況です。

 

さて家に帰り寝る前に続きを。

6時KARONA合流を目指してスイーツショップを後にして、セントラルマーケットへ。連絡が来ず、うろうろしてるとやっと連絡が!もうめちゃ安心!トゥクトゥク何ドルで交渉しようと考えていたもん…ラハヤマーケット的な名前のところに来てくれとのことで、徒歩数分移動。

SIMを買ったところだったので、SIMおじさんのことを少し聞くけど何も聞いていないらしい。だよね。

カロナに合流する。車だと思っていたらバイクだった!わお!

と同時にSIMおじさんのことを伝えると、口説きにかかってる可能性高いから電話とか出ない方が良いよとのこと

あー 間接的に電話番号を知られたのが痛かった。そして親切の裏には何があるかわからないから海外で簡単に人を信用できない…

とにかくバイクに乗ることに。人生初バイク、乗り方を教えてもらいいざ出発。2人ともノーヘルだしとにかく怖い…ここで死にたくないなと思った。風きる感覚は楽しかったけどアクティビティとしてここまで命かけたくない 笑

途中叔父さんにあって何かを受け取った後、またしばし進み、屋台によって今日の夕飯をゲットしたりして、無事到着。

夕飯はバケットに甘辛いソーセージと野菜を挟んだもの。昼と似てるけどこっちの方がカンボジアナイズドされてる。

wifiつながると即メール200件受信を調べると、新たに何かを受信というより以前受信したメールで消したものが復活してるみたいな感じだった。よかった(?)のかな…?

その後は昨日と同じようにシャワーを浴び、ついでに洗濯してから(洗濯機ってステキ)えりちゃんと40分ほど電話をして今。

 

今日感じたことはトゥールスレンのなぜあの独裁がやすやすと続いたのか構造が不思議だった。他の国は?対抗組織は?止めるものはいなかったのだろうか?

この点に関して調べてみたい、何か読んでみたいと思った。それらが起こったのがめちゃくちゃ昔ではない時代の話だということ。

そして、人との関わりって自分が思ってるより大きいということ。

家族、友人だけではなくて、何かをシェアできる人の存在って大きいなと朝起きたら誰もおらず一日1人で観光したときに思った。同じように1人で歩いている観光客がいたら声をかけて回ったかもしれないけどことごとくいなかった。

それでも日本人二人組観光客をみると会話の日本語を聞いて勝手に安心したり、道を聞いて答えてくれるちょっとした会話でだいぶ救われたり。1人行動は日本基準で見るとわりと得意な方だと思っていたけど意外と違うのかもしれない。

えりちゃんとの電話で、自分が思っていたよりも(多分えりちゃんが思っているよりも)いろんな感情が穏やかになって明日からも頑張ろうという気持ちになれた。本当にありがとね。

(孤独というワードと結びついてイジメ問題とかを想起した。孤独=悪ではないけどこれが続く、&意識的にされるとしんどいやろうな。)

 

f:id:cam89:20170225085727j:imagef:id:cam89:20170225085749j:image

ココナッツジュースとカボチャプリン

 

今日のハッピー:人生初バイクに乗った!(人生でやりたかったことの一つ。日本じゃビビって無理だったかも)

 

fin.